【香港】2018年より、信託会社及びコーポレートサービス会社が資格業とされます

Trust and company service providers to be licensed in Hong Kong next year.

03_2017_12_corporate_service_providers_to_be_licensed_in_HK_JAPANESEThe Hong Kong Government proposes to introduce a licensing regime for trust or company service providers (“TCSPs”), which will be in force next year, to fulfill the FATF requirements.
According to the new regulations, every Hong Kong company providing Trustee Services including corporate service providers are required to have a license from 1st of March 2018.
TCSPs have to apply for a license from the Registrar of Companies (“the Registrar”) before they can provide trust or company service as a business for the public. It will be a criminal offence to operate a TCSP business without a license.
Applicants will be subject to a “fit and proper” test.

In order to satisfy the fit & proper test, the following points will be considered:

  • Whether the individual or company has been convicted of a criminal offence, relating specifically to money laundering or terrorist financing, including any drug related offenses.
  • Whether the individual is an undischarged bankrupt or potentially subject to bankruptcy proceedings. For corporations, they cannot be in the process of liquidation or subject to a winding up order or striking off.
  • The same test applies to the applicant that is carrying out business proceedings on behalf of the corporation in question, including any relevant Directors, Partners and Ultimate Owners.

There will be an inspection team from the Companies Registry to carry out site visits and inspections to monitor and ensure that TCSPs are in compliance with the licensing and statutory client due diligence and record keeping requirements.
TCSPs, legal advisors, accountants and estate agents required to carry out client due diligence in accordance with the Hong Kong Anti-Money Laundering and Counter-Terrorist Financing (Financial Institution) Ordinance.

Should you have any questions please feel free to contact Alina Moroz at alinam@zetland.biz

【香港】2018年より、信託会社及びコーポレートサービス会社が資格業とされます

香港政府は信託及びコーポレートサービスを提供する業者に対してこれを免許制を採用し、それらを資格業とする提案を打ち出しました。これはFATF(マネーロンダリングに関する金融活動作業部会)の要求に答えるためのもので、今年2018年3月1日をめどに施行される予定です。

ゼットランドを含む、信託及びコーポレートサービスを提供する業者は政府当局であるCompanies Registry(公司註冊處)へ業者免許の申請をする必要があります。これを怠り免許なしでサービス提供を行った場合は違法行為となり、処罰の対象となります。

申請者は適応者判断テストを受けます。

適当者テストでは以下の条件が考慮されます:

  • 申請者は個人及び法人において犯罪歴の有無、特にマネーロンダリングや金融テロリズムに関して、及びドラッグ関連の犯罪歴がないこと
  • 申請者は個人の場合において破産者でないことまたは破産申請などを行っていないこと。法人の場合においては営業活動を行っておりその法人は清算されていないまたは法人清算過程にないこと
  • 法人申請者の場合、その取締役、パートナー、または最終受益者においても同様に上述の条件が当てはまる

政府当局は資格者に対して定期的にチェックを行い、資格者がきちんとコンプライアンスを遵守していることを監視します。
信託及びコーポレートサービスを提供する業者、法律事務所、会計事務所、及び不動産仲介業者は今後、顧客の身元確認(Due Diligence)を行う際には独自の方法ではなく、きちんとHong Kong Anti-Money Laundering and Counter-Terrorist Financing (Financial Institution) Ordinance(香港マネーロンダリング及びテロ資金供与対策条例)に準拠した一括した方法で行うことが義務付けられます。

ゼットランドでは香港に拠点を持ち、信託及びコーポレートサービスを提供しております。お問い合わせは日本語で intray@zetland.biz まで。

香港・シンガポール・上海・ベリーズ・ニュージーランド・ドバイ・ロンドン
当ウェブサイトをご利用頂く方は、弊社のご利用規約に同意されたものとみなします。