おすすめ本レビュー

The Destructive Power of Family Wealth by Philip Marcovici
296 pages Published by Wiley
おすすめ本レビュー

3._BOOK_REVIEW

Philip Marcovici is well known in the fiduciary/tax/legal world having worked for many years in Hong Kong and subsequently Geneva (now recently back in Hong Kong). Philip’s book is an excellent guide to the essentials of wealth planning for families with many examples of what can go wrong and what constitutes best practice. Among the points Philip makes:

  • Any amount of wealth can cause family tensions – this book is not just about the super rich
  • The days of simply hiding cash and assets offshore and hoping they would not be discovered are well and truly over given Foreign Account Tax Compliance Act, Common Reporting Standard and anti-money laundering laws
  • Lengthening life spans, globalisation of family relationships and the prevalence of divorce and gold-digging spouses bring challenges to wealth preservation
  • Advisors are not always to be trusted – they may have agendas at odds to the best interests of families – checks and balances are always desirable

Philip’s remedies are essentially to think about things carefully; to plan properly and hold open discussions within the family. He is very conscious of the cultural constraints facing families in Asia in particular.

This is a book that is recommended to both practitioners and families. It can be purchased through Amazon.

James C Sutherland

「The Destructive Power of Family Wealth by Philip Marcovici」
(意訳:「家族資産の崩壊力、著者:フィリップ・マルコビッチ」)

フィリップ・マルコビッチ氏は香港とスイスを拠点にFiduciary(フィジューシアリー)、税務、法務の実務に携わっており、業界ではその名が広く知られています。今回の彼の著書はファミリーウェルスプラン(家族資産計画)を立てる上で「すべきこと」または「してはいけないこと」を実例と共に説明しており、資産計画において重要な点を多く指摘したガイドブックとなっています。

挙げられているいくつかのポイントをご紹介します。

  • 資産額に関係なく全ての資産レベルにおいて資産は家族に争いをもたらす。つまり、家族資産問題は富裕層に限定された問題ではない
  • FATCA(外国口座税務コンプライアンス法)、CRS(共通報告基準)、マネーロンダリング対策法が施行された今日、オフショアへの資産隠しの時代は既に過去のものである
  • 寿命の伸び、家族構成のグローバル化、増える離婚件数、玉の輿狙いなど、資産保全に対するチャレンジの増加
  • アドバイザーの全てが信頼できるわけではないこと。アドバイザーが家族の有益を一番に考慮しているとは限らないため、アドバイザー任せにはできない

本書では問題対策として、計画をキチンとたて、家族間でオープンに問題を話し合う姿勢が重要だと提起し、特にアジアにおける家族問題に焦点をあてています。

本書は、家族資産を扱う士業やプロに対しても、また家族にとってもお勧めの一冊です。アマゾンより購入が可能です。

(*2017年5月時点では日本語版はありません)

James C Sutherland
(ジム・サザーランド、ゼットランド会長)

香港・シンガポール・上海・ベリーズ・ニュージーランド・ドバイ・ロンドン
当ウェブサイトをご利用頂く方は、弊社のご利用規約に同意されたものとみなします。