サザーランド氏(ゼットランドグループ会長)裁判

SUTHERLAND TRIAL
サザーランド氏(ゼットランドグループ会長)裁判

On 17 March 2016 Mr James Sutherland was acquitted of a single charge of money laundering by a jury at the Southwark Crown Court in London. The unanimous jury verdict came after barely three hours of deliberation following a nine-week trial. The case was brought by the Serious Fraud Office (“SFO”) a much-criticised law enforcement agency in the UK.
The following points should be noted:

  • The indictment related to payment processing and stock escrow services provided by four companies under the control of Zetland to two clients between 2003 and 2007. The clients were subsequently convicted of conspiracy to commit securities fraud in 2014. The SFO acknowledged that Mr Sutherland had no participation in or knowledge of the fraud.
  • Mr Sutherland was able to prove in court that Zetland’s anti-money laundering and “know your client” procedures were robust and in line with or in excess of the standards prevailing at the time. Furthermore it was demonstrated that Zetland always operated as a substantial and well-run business providing services to an international clientele.
  • The SFO failed to investigate the matter – merely serving up massive amounts of evidence used in the previous trial. At no time was any material taken from Zetland’s offices and no client confidentiality was breached.
  • The Hong Kong authorities despite being aware of the matter have never taken any action whatsoever.
  • Mr Sutherland intends to take further legal action against the SFO for malicious prosecution.

Mr Sutherland issued the following press release after the trial:
I am delighted that a jury has today acquitted me of money laundering after just three hours of deliberation following a nine-week trial. This was a charge I have always strongly denied, and I believe a case that should never have been brought, resulting from a flawed investigation by a discredited organisation.
Since being arrested in December 2013, I have been forced to spend millions of pounds defending my good name, which has been built up over a lifetime in business. Time I should have spent running a successful fiduciary company operating from Hong Kong has instead been spent on preparing a defence and proving my innocence in a London court.
The incompetence of the Serious Fraud Office was apparent from the outset of this investigation. The case against me was built on mud-slinging, smear and innuendo yet I was kept on bail for more than two years and forced to surrender my passport whilst in the UK and severely restrict my travel arrangements.
I then had to sit through a farcical and lengthy trial relating to events which took place in Hong Kong and attracted no interest from the authorities there, but which a UK government agency nevertheless decided was its business. Serious questions need to be asked about the decision to bring this case.
I now look forward to returning to Hong Kong where my focus will be on continuing to provide a first-class service to the clients of Zetland Fiduciary Group and introducing new clients to a trusted brand.

I would like to thank my legal team, particularly Mark Rainsford QC, Jason Sugarman QC, Rick Shearman and Ben Holden, in helping me decisively clear my name.
Press comment may also be found in the South China Morning Post and UK Sunday Telegraph.

2016年3月16日、ロンドンのサザーク国王裁判所は、マネーロンダリングの罪に問われていたジム・サザーランド氏に無罪の判決を言い渡しました。9週間にわたる公判のあと、たった3時間の審議を経て、満場一致にて無罪が言い渡たされました。今回の裁判は英国政府独立機関である、重大不正捜査局(Serious Fraud Office、通称SFO)によって起されたものです。
要点は、

  1. 起訴内容: 2003年~2007年の間に行われたゼットランドのサービス内容で、ゼットランド社の管理下にある4つの会社より、当時顧客であった2件の顧客先に提供した送金サービスと株式預託サービス(エスクローサービス)について。この2件の(当時の)顧客は後に証券詐欺容疑で有罪判決を受けている。SFO はサザーランド氏が彼らの詐欺行為に加わっていないこと、そして彼らによって詐欺行為が行われていたことを知らなかった事実をこの裁判にて認めた。
  2. サザーランド氏は法廷にて、ゼットランド社のマネーロンダリング対策やKYC手続き(顧客審査手続き)が適切に行われており、それは当時の基準或いはそれ基準以上の厳しさであったことを証明した。
  3. SFOは前回の公判で使用した証拠の使い回しを行っただけで、この件に関する新たな証拠を提示することはできなかった。この件に関してゼットランド社より集めた情報はなく、ゼットランド社の顧客情報は渡っていない。
  4. 香港当局は、この件への認識があったが全くアクションはおこしていない。
  5. サザーランド氏は誣告(虚偽告訴)として、今後SFOに対して法的措置をとるつもりである。

判決後にサザーランド氏は次の通りプレスリリースを発表しています。

「9週間にも及ぶ公判の後、たった3時間の審議にてマネーロンダリングの容疑が晴れて無罪となったことを喜ばしく思います。本訴訟に関してはわたくしは常に無実を強く主張してきました。今回の訴訟提起自体が間違っており、私への起訴は信憑性を欠くSFOによる不備な調査からもたらされたものであったと信じています。
2013年12月に逮捕されて以来、多額の資金と時間を今まで築き上げてきたビジネスによって得た名誉の挽回のために費やしてきました。本来であれば香港でのフィディシャリー会社経営に費やすべき時間を、ロンドンの裁判所にて自己の無実を証明するために費やすはめになってしまいました。
SFOが無能な集団であることは今回の調査を通じて明白になったと思います。今回のケースは私に対する中傷や名誉棄損であり、そのために2年以上も保釈中の立場をとらされました。挙句、イギリスにいる間はパスポートの使用が認められず、国外への出入りまでもが制限されました。
香港にて起こった今回のケースに関して、当の香港当局は問題提起をまったくしていないにも関わらず、イギリス政府機関の手によって不必要に長く茶番のような裁判が起されました。このようなイギリス政府の起訴行為は問題とされる必要があります。
今は香港に戻ることが楽しみです。香港に戻り、今まで通りお客様へより優れたサービスの提供を目指して努力を続けると共に、新規に顧客を作り、弊社が提供する硬い信用サービスをより広く知っていただくよう勤めていきたいと思います。
最後に私の名誉を保つために尽力を頂いた弁護士チームへ、特にマーク・レインスフォード、ジェイソン・シュガーマン、リック・シャーマン、ベン・ホールデンへお礼を述べたいと思います。」
※このプレスリリースは香港のサウスチャイナモーニングポスト誌(South China Morning Post)と英国のデイリーテレグラフ誌(UK Sunday Telegraph)にも記載されています。

香港・シンガポール・上海・ベリーズ・ニュージーランド・ドバイ・ロンドン
当ウェブサイトをご利用頂く方は、弊社のご利用規約に同意されたものとみなします。