オフショア信託のメリット

オフショア信託の利用は様々なメリットがありますが、ご利用前には必ずご利用者の本籍地、居住地、本拠国において専門家のアドバイスを受けていただく必要があります。オフショア信託利用の主なメリットは以下のとおりです。

資産保全

オフショア信託利用の一つとして、債権者の手から資産を守る目的で利用されるケースが増えています。特に医療関連従事者や会社取締役、会計士や弁護士などのプロフェッショナルは予期せぬ高額な訴訟を受けることがあります。また多くの国々では、離婚の際の帰結(例、慰謝料額)も甚大になっています。 詳しくは「ゼットランド資産保全の手引き(Zetland’s Guide to Asset Protection)」をご覧下さい。

世代間プランニング

オフショア信託は、資産を委託者の意思に沿った形で継承させる仕組みであり、遺留分や相続法からの影響を避けるための理想的なツールです。

親族の相続プランニング

信託は長期間にわたる相続に対して非常に柔軟性を発揮するツールとして有効です。たとえば孫の教育や養育に利用でき、倒産を心配することなく、または浪費癖のある親族からの資産保護にも対応します。

プライバシー

信託は委託者と受託者の間の私的な契約です。オフショア地域に信託を設定することで強いプライバシー保護が望めます。多くのオフショア地域では厳格なプライバシー保護法制が整っており、租税条約を結んでいるオフショア国が少ないため、他政府からの情報交換要請に応じていません。

より良い環境

オフショアに持っていくことにより、規制の少ない有利な環境機会を得ることができます。信託にオフショア会社を保有させ、国際的なビジネスに利用することも可能です。

税務計画

オフショア信託は、多くの国々の資産家にとって資産・財産や相続税にまつわる負債を軽減できる有効なタックス・プランニングのツールとなります。ただし、これは委託者や受益者の国籍(居住国の税制)にも大きく依拠します。

節税

タックス・ヘイブンや低税率国にオフショア信託を設定することにより、所得やキャピタルゲインが非課税となり、保有する資本効率を最大限に高めることができます。
先に委託者の国籍国(居住国)での適切なアドバイスが必要であり、そのための初期費用が生じる場合がありますが、一般的に、オフショア信託設定にかかる費用は大きくありません。
オフショア信託は、オフショア会社に対する持ち株会社としての機能、または投資ポートフォリオやオフショア保険契約を保有する保有形態として特に有効です。オフショア信託をご利用になる前に、退職や外国への移住などといった将来の人生設計を見越した計画が必要です。
多くのオフショア地域は既存の信託の本籍地変更を容認しています。これは特定のオフショア地域における厳格な資産保護法制を活用する場合に有効です。

香港・シンガポール・上海・ベリーズ・ニュージーランド・ドバイ・ロンドン
当ウェブサイトをご利用頂く方は、弊社のご利用規約に同意されたものとみなします。