専門アドバイザー

信託設定(または財団設立)をご考慮される際には、必ず居住国または国籍を有する国において専門家のアドバイスをお求めください。

専門アドバイスにおけるポイント:

  • 信託を設定する理由。依頼者の目的と期待に合っているか。依頼者は信託の影響を十分理解しているか。
  • 信託の設定方法詳細
  • 受益者の設定。その際に受益者へその旨を知らせるかどうか。
  • 受益者はどの時点でどのように利益を得るか。
  • 資産の信託設定が依頼者(委託者)の財政状態に与える影響。依頼者が資産の所有と管理権限を必要とする場合、どのようなスキームを組むべきか。
  • 保護者の指名の有無。保護者の選択。保護者へ、責任に対する理解の確認と任務に対する同意
  • 遺言の覚書に記述する事項
  • 信託資産に対する税考慮
  • 信託設定の司法管轄の選択。1つの司法管轄がよいか、2つ以上設けるか。当該司法管轄内の弁護士からのアドバイスの必要性の有無。
  • 受託者の選択、指名。受託者候補の身元確認や定評など、バックグラウンドの確認。
  • 信託の初期設定コスト。年間維持コスト。
  • 資産保全目的での信託設定の場合、法律上問題が生じないかどうか。

時間やコストはかかるかもしれませんが、現地での徹底したアドバイスを得た上での信託のご利用をご検討いただきたいと思います。ゼットランドでは多くの国に専門家のネットワークを有し、オフショア信託について十分に精通している専門家の紹介も致しております。オフショア信託は、その有効性について大げさに宣伝されていることも多く(特に米国において見られる傾向です)実情と実際をよく理解してからのご利用検討が必要です。

ゼットランドは多くの弁護士や公認会計士と協業しており、お客様のご依頼に応じてご紹介もさせていただいております。

香港・シンガポール・上海・ベリーズ・ニュージーランド・ドバイ・ロンドン
当ウェブサイトをご利用頂く方は、弊社のご利用規約に同意されたものとみなします。