投資に関わる問題

受託者にとってチャレンジを最も要する種類の信託は任意信託で、信託下に置かれた資産に対する投資運用です。受託者の役割は受益者の利益のために信託資産を保護することにあり、そのため、任された資産の運用に対しては保守的な態度を取りがちです。信託資産に対する投資のポートフォリオは第三者である金融機関や投資顧問家にその運用を依頼することが一般的ですが、受託者がその運用をモニターすることが必要になってきます。モニタティングのポイントとしては、以下があげられます。

  • ベンチマーク: 適切な投資がされているか
  • 投資戦略: 投資顧問の戦略がベストなものかどうか
  • パフォーマンス:代替戦略と比較した相対パフォーマンス評価
  • 流動性と安全性:投資の流動性と安全性
  • コスト: 投資管理と取引のコスト

香港・シンガポール・上海・ベリーズ・ニュージーランド・ドバイ・ロンドン
当ウェブサイトをご利用頂く方は、弊社のご利用規約に同意されたものとみなします。