シンガポール:外国籍法人からにシンガポール法人への国籍変更が可能になります

Singapore’s new inward re-domiciliation regime

05_2017_09_Singapore_Inward_re-domiciliation_regimeThe Companies (Amendment) Act 2017 has introduced an inward re-domiciliation regime in Singapore, to allow foreign corporate entities to transfer their registration to Singapore instead of setting up subsidiaries (e.g. foreign corporate entities that may want to relocate their regional and worldwide headquarters to Singapore and still retain their corporate history and branding. The regime is expected to be implemented by year end.

Re-domiciliation is a process whereby a foreign corporate entity transfers its registration from its original jurisdiction to a new jurisdiction, whilst maintaining its same legal identity. There can be many reasons to re-domicile. Generally, the reasons for moving to a new environment are driven by the pro-business regulatory and more favorable tax regime, political and economic stability, proximity to Asian markets, robust and sophisticated financial industry and systems.
Application requirements
Foreign entities must be corporate bodies that can adapt their legal structure to the companies limited by shares structure under the Singapore Companies Act.
In addition, they must meet certain prescribed requirements and their application will be subject to the Registrar’s approval. The criterion adopted was of a small company, as prescribed in the Companies Act. The foreign company must satisfy any two of the following criteria in the two financial years immediately preceding its application:

  • Revenue for each financial year does not exceed S$10 million
  • Value of its total assets at the end of each financial year does not exceed S$10 million
  • No more than 50 employees at the end of each financial year.

The foreign entity must submit the following documents:

  • certified copy of the charter, statute, constitution or memorandum or articles or other instrument constituting or defining its constitution (if any), in its place of incorporation;
  • the constitution by which the foreign corporate entity proposes to be registered;
  • such other documents as may be prescribed;
  • and the prescribed fee.

Effects of re-domiciliation:

The re-domiciled company will become a Singapore company and has to comply with Singapore laws. It does not create a new legal entity, nor prejudice or affect the identity of the body corporate constituted by the foreign entity or its continuity. It also does not affect the obligations, liabilities, property rights or proceedings of the foreign corporate entity nor affect legal proceedings by or against the foreign corporate entity.

The inward re-domiciliation regime is still being finalized, and the requirements will be clearer once the legislation is fully implemented. Singapore allows only inward re-domiciliation without the option to reverse the decision; hence careful consideration must be made in case it does not meet the original purpose of the change.

Currently, Australia, Canada, New Zealand, Switzerland and Labuan (Malaysia) are some of the jurisdictions where re-domiciliation regime already exists. With the introduction of this regime, Singapore’s position as a competitive business hub is further strengthened. Foreign entities will have greater flexibility in organizing their business structures, can now re-domicile to the Asian region.

Zetland is a registered filing agent with the Accounting and Corporate Regulatory Authority of Singapore. We will be able to advise and assist clients on the inward re-domiciliation process.

Source: ACRA website www.acra.gov.sg

For more information, you may contact Ms. Su Lee Chan, General Manager of Zetland Singapore at suleec@zetland.biz or +65 65572071

シンガポール:外国籍法人からにシンガポール法人への国籍変更が可能になります

2017年の会社法改正により、外国籍法人をそのままシンガポール法人へ国籍変更をすることが認められました。これにより、今までは外国籍法人がシンガポールで事業を行う場合にはシンガポール子会社の設定などを行っていましたが、それが不要となり、企業の歴史やブランドを引き続きそのままシンガポールに移すことが可能になります。2017年の末より新制度が施工されます。

法人の国籍変更は、ある国で設立登記された法人がその登記場所を他の国へそのまま変更することを言い、国籍以外は法人格をそのままキープすることができます。国籍変更の理由は様々ですが、シンガポールへ国籍を移行する企業はシンガポールにおける様々な事業展開やシンガポールの税制の優遇を求めてやってきます。また、アジアで事業を展開する場合に、シンガポールは政治的に安定しており、地理的にも金融事情にも優れた土地のため拠点として人気があります。

法人国籍変更申請

シンガポールへ国籍を変更移行する外国籍法人は、シンガポール会社法で定められている要綱に従った株式保有のストラクチャーであることが必要です。その他に、シンガポールで定められている要件を満たす法人であれば、登記所に申請し申請許可を待つことになります。変更移行が可能な法人は、シンガポールが定める「小会社」のみになり、以下の3つの要項中、2つを満たしている必要があります。

  • 年間売り上げがS$10ミリオン以下(約JPY8千3百万円以下)
  • 全資産の総額がS$10ミリオンを超えないこと
  • 従業員が50人以下の法人

申請には、認証済み法人書類一式(法人定款など)に加え、手続き費用がかかります。

シンガポールへ国籍を変更移行した法人はシンガポール法人となり、シンガポールの法規制へ準拠する義務があります。新たな法人の誕生ではなく、法人はそのまま身分を変えることなく事業の継続を行うことになり、また法人の債務や義務もまたは法人に対して調停が行われている場合もそれらをそのまま引き継ぐことになります。

シンガポールへの法人国籍移行制度はまだひな形で、2017年末に施行されればその条件はさらに明確になる予定です。また、一度移行された法人は逆戻りの手続きは取れません。よって、変更移行には十分な検討を行うことが必要です。

現時点で法人変更移行制度がある国はオーストラリア、カナダ、ニュージーランド、スイス、そしてラブアン(マレーシア)などです。シンガポールが新たに加わることによってシンガポールが事業活動拠点としての価値をさらに高めていくことでしょう。

ゼットランドはシンガポールに支店を置き、シンガポールでの事業支援を行っております。ライセンスを保有する代理店として、シンガポール法人設立や会計サービスを提供しております。お問い合わせは日本語でintray@zetland.biz まで。

香港・シンガポール・上海・ベリーズ・ニュージーランド・ドバイ・ロンドン
当ウェブサイトをご利用頂く方は、弊社のご利用規約に同意されたものとみなします。