シンガポール:財務報告基準プログラムに対する新ガイドライン

Singapore FRSP Update

1406_SingaporeEarlier in March, the Accounting and Corporate Regulatory Authority (ACRA) has revised the XBRL filing requirements for Singapore companies together with the introduction of its new online filing portal BizFinx. Under the revised XBRL filing requirements Singapore companies, whether public or private are required to file a full set of financial statements in XBRL. The option to file partial XBRL statements previously available to SMEs has been abolished.
ACRA has further issued Financial Reporting Practice Guidance No. 1 of 2014 (FRPG) and Practice Direction No. 2 of 2014 on 23 April 2014 relating to the Financial Reporting Surveillance Programme (FRSP) which was introduced by the authority in 2011. The Practice Direction and Guidline were issued to remind company directors of their duties and further strengthen the quality of financial reporting by companies in the city state.

Under the FRSP, ACRA will review selected financial statements to ensure compliance with the accounting standards and other requirements in the Companies Act.

Practice Direction No. 2 of 2014

The Practice Direction sets out the duties of a director in relation to financial reporting. It also explains the review and sanction process of the FRSP. ACRA may call upon directors for interviews before imposing sanctions depending on the severity of the financial reporting breach(es). Whilst the Act provides for sanctions such as fines and imprisonment, ACRA may employ other sanctions for first time offenders and less severe technical breaches. The range of enforcement actions that will be decided by the Registrar of Companies will include:

  1. advisory letter;
  2. warning letter;
  3. fine by offer of composition; and
  4. prosecution leading to fines and/or imprisonment

Financial Reporting Practice Guidance No. 1 of 2014 (FRPG)

ACRA will review selected financial statements for financial years ended between 1 January 2013 and 31 December 2013 (FY2013 Financial Statements) under the Financial Reporting Surveillance Programme (FRSP). The areas of review include: new standards, significant accounting policies, going concern, accounting judgement and estimation uncertainties, asset value and impairment testing, financial risk and capital management disclosures, related party disclosures and consolidated financial statements.

For more information and assistance, please contact us at singapore@zetland.biz.

シンガポールでは3月初旬、会計企業規制庁(ACRA)がシンガポール法人向けにXBRLファイリング方式を修正し新しいオンラインでのファイリングシステムとなるBizFinkを導入しました。

以前は中小企業においては部分的なXBRL方式の財務報告書の提出のみが必要でしたが、修正されたXBRLファイリング方式では上場企業か非上場企業に関係なく全てのシンガポール法人においてXBRL方式を使った財務報告書の提出が義務づけられます。

会計企業規制庁(ACRA)は、2011年に施行された財務報告基準プログラムに対し、更に2つのガイドラインを発行しました。2014年版の財務実行ガイドライン(Financial Practice Guidance No.1 2014)と2014年版の実行指導書(Practice Direction No.1 2014)です。これよりシンガポール法人を有する取締役の義務を再度見直し財務報告の質の向上が図られます。

財務報告基準プログラムに基づき、会計企業規制庁では提出された財務報告書を選択的に内容チェックをいれ、その会社がコンプライアンスを満たしているか確認します。

実行指導書No.2 2014年版

実行指導書は財務報告に対する取締役の義務を明確化し、報告に対する怠りが発覚した場合の制裁についても説明しています。怠りが発覚した場合に会計企業規制庁(ACRA)が取締役との面談を要請する場合もあります。処分については条例にて罰金や刑罰が定められていますが、会計企業規制庁(ACRA)では初犯に対する処分についてはそれほど厳しく行わない場合もあります。処分については以下の4段階にわかれます。

  1. アドバイスレター
  2. 警告レター
  3. 罰金
  4. 刑罰
  5. 財務実行ガイドライン 2014年版

財務報告基準プログラムに基づき会計企業規制庁(ACRA)は2013年1月1日から2013年12月31日分の財務報告書を選択的にチェックします。チェックポイントとなる事項は以下の点を含みます:新しい基準、重要な会計方針、懸念事項、会計上の判断と見積もりの不確実性、資産評価と減損テストの頻度、財務リスクと資本管理の開示、関係当事者の開示と連結財務諸表です。

ゼットランドはシンガポールにオフィスを置きシンガポール法人設立サービスを提供しております。お問い合わせは intray@zetland.biz まで。

香港・シンガポール・上海・ベリーズ・ニュージーランド・ドバイ・ロンドン
当ウェブサイトをご利用頂く方は、弊社のご利用規約に同意されたものとみなします。