ベリーズ最新情報

Belize Update

1404_BelizeBelize will be subject to a review by the Caribbean Financial Action Task Force (CFATF), plenary in May 2014 and a country representative would be attending on Belize’s behalf.
This has been confirmed by Gian C. Gandhi, Director General – Deputy Chairman of the International Financial Services Commission in Belize.

Last November, the regional body placed a cautionary note against Belize and to date it remains in force.

The Financial Action Task Force, (FATF), established by the G-7 met in February of this year and decided that Belize should not face financial sanctions, because it had taken action to implement new laws mostly designed to address compliance with international guidelines to counter money laundering and the financing of terrorism.

In response to CFATF’s statement on Belize last year, the regional body notes that Belize has enacted 9 pieces of legislation and it congratulates Belize on what it called a “first-step” saying “it encourages the jurisdiction to continue strengthening its Anti-Money Laundering and Combating the Financing of terrorism AML/CFT regime.”

According to CFATF latest online post, “through the printing of a historic Special Gazette, the Government of Belize demonstrated its commitment to modernize its Anti-Money Laundering and Combating the Financing of terrorism architecture in keeping with international standards to enact nine pieces of key legislation, six laws and three regulations.”

It further stated that, “Since the time of the issuance of the public statement and particularly in January 2014, Belize brought together technical capacity and political will, to approve different pieces of legislation and regulations, which represent a significant step in improving compliance with AML/CFT Standards.”

Belize’s Governor General, Sir Colville Young, signed the legislative instruments following its publication in the Gazette on February 7th, 2014.

Gandhi in reply to concerns about the more difficult reporting obligations being implemented, in line with the legislative changes, said there will be no need for the filing of public financial statements by politically exposed persons; however, clients regarded as political exposed persons would be subject to “enhanced due diligence” from banks and other financial institutions, because they would be required to do more monitoring of such customers.

A key measure being implemented by Belize is the establishment of a National Anti-Money Laundering Committee as a statutory body to advise the Minister of Finance and coordinate national AML/CFT efforts.

Other measures include but are not limited to: strengthening customer due diligence, record keeping, compliance and reporting obligations for financial institutions, enhancing compliance with CFT obligations, particularly freezing and confiscating terrorist assets, expedited implementation of targeted financial sanctions in the United Nations Security Council, clarifying listing and delisting procedures and strengthening and clarifying the sanctions regime, including implementation of a comprehensive administrative penalty regime.

In its statement, Belize says it, “understands that these accomplishments do not mark the completion of its efforts to enhance implementation of the FATF standards. Belize will remain committed to the continued improvement and implementation of a robust national AML/CFT regime.”

For further information, please feel free to contact Anju Gidwani, Director of the Belize Office (anju@zetland.biz).

2014年5月にカリブ海金融活動作業部会(CFATF)よりベリーズが金融規制の遵守をめぐる審査を受けることになり、国の代表が審査会に参加することが Gandhi事務総長(ベリーズ国際金融サービス委員会副議長) によって確認されました。

去年11月、ベリーズは当地域機関より金融規制をめぐり警告を受けていました。

今年2月、G7メンバーによって成り立つ金融活動作業部会(FATF)から、ベリーズに対して経済制裁を加えない方針が決定されました。資金洗浄及びテロへの資金供与との闘いへの取り組みに対する国際基準コンプライアンスの準拠にベリーズが行動をおこし協力を示したためです。

カリブ海金融活動作業部会(CFATF)のベリーズに対する対応を受け、当地域機関ではベリーズが「9つの特別勧告」を遵守達成したこと挙げ、カリブ海地域における戦略的な資金洗浄・テロ資金供与対策(AML/CFT)を強化する大切な第一歩だと賞賛しています。

カリブ海金融活動作業部会(CFATF)はオンラインの記事を寄せ、「ベリーズ政府は、「9つの特別勧告」、6つの関連法律、3つの関連規則に対し国際基準の準拠を示すことにより、戦略的な資金洗浄・テロ資金供与対策にたいするコミットメントを示しました」と発表しました。

ベリーズ総督であるSir Colville Youngは関連法律制定に2014年2月7日に署名しています。

外国の国家元首、高位の政治家、政府高官、司法官、軍当局者などをPEPs(Politically Exposed Persons)と呼びますが、このような者は一般的に資金洗浄の危険性が高いと考えられており、更に厳しいデューデリジェンス(本人身元確認)が求められるが、PEPsに対するデューデリジェンス作業が更に厳しくことに対する懸念の声に対しGandhi氏は、各事業者がPEPsに対するデューデリジェンス作業を厳しく行なうことは要求されるが、PEPsによる資産報告書の一般公開は要求されないとしている。

今回ベリーズが取った最も重要な対策は、ベリーズ国内に資金洗浄撲滅委員会を設けたことです。これを法的機関とし、財務長官をはじめ国内の戦略的な資金洗浄・テロ資金供与対策を行なう機関に対し今後アドバイスを行なっていく計画です。

その他ベリーズにて施行された対策は以下を含みます。顧客管理におけるデューデリジェンスの強化、会計帳簿の管理、金融機関におけるコンプライアンスと報告義務の強化、テロ資金供与対策にたいするコンプライアンスの強化(特にテロ関与金に対する凍結と没収に関して)、国連安全委員会における経済制裁の促進、経済制裁対象国リストの見直し(行政罰対象国も含む)

ベリーズ側は、今回達成した対策によって金融活動作業部会(FATF)が要求する全ての基準を満たしたことにならいのは承知であり、よって国内に新設する資金洗浄・テロ資金供与対策部隊によって今後もより準拠に協力を示していく姿勢だ、との声明を発表しました。

ゼットランドではベリーズに支店をおき顧客様のサポートを行なっております。詳しくは現地オフィスのAnju Gidwani (anju@zetland.biz)へ直接英語でご連絡いただくか、日本語はintray@zetland.bizまでご連絡ください。

香港・シンガポール・上海・ベリーズ・ニュージーランド・ドバイ・ロンドン
当ウェブサイトをご利用頂く方は、弊社のご利用規約に同意されたものとみなします。