世界貿易で二番目の使用通貨となった人民元

RMB 2nd Most-used Currency in Trade Finance

1401_ChinaRecent SWIFT data shows that RMB usage in traditional trade finance of Letters of Credit and Collection grew from an activity share of 1.89% in January 2012 to 8.66% in October 2013, making the RMB the second most used currency in trade finance worldwide.The USD remains the leading currency with a share of 81.08%. The RMB overtook the Euro, which dropped from 7.87% in January 2012 to 6.64% in October 2013 and is now in third place. As a payment currency the RMB remained stable in its position on rank 12. The top 5 countries of using RMB for trade finance in October 2013 were China, Hong Kong, Singapore, Germany and Australia.

1401_China1

1401_China2China, the world’s second-largest economy, is accelerating the pace of financial reform to promote its currency to international finance centres beyond Hong Kong, developing RMB centres in Singapore, London, Frankfurt and New York. RMB trade settlement has expanded quickly since it first began in 2009 and the percentage of China’s total trade settled in Yuan has risen from 12 percent in 2012 to nearly 20 percent today. HSBC expects the Yuan to account for 30 percent of China’s external trade settlement by 2015.More than 1,050 financial institutions in over 90 countries are already doing business in the Chinese currency. However, the use of the Yuan in trade settlements remains sparse outside Hong Kong and the Mainland China, according to an HSBC survey of over 700 businesses worldwide. The survey showed 52% admitting to having a limited understanding of the internationalization of the Yuan, while 38% said they didn’t perceive a clear benefit of using the Yuan as a trade settlement currency.

1401_China3Around 30% of respondents said their counter-parties are unwilling to use Yuan and another 30% said they haven’t fully considered the option.The use of Yuan by foreign firms in Greater China, however, is gaining popularity. The survey indicates that 50% of international companies based in Hong Kong and 30% in China are now using Yuan to conduct cross-border business.This could be the result of financial benefits being offered for using the currency: the survey found that 53% of Chinese businesses surveyed would offer their overseas trade partners discounts of up to 5% if transactions are settled in Yuan.59% of the surveyed companies said they would start using the Yuan in order to mitigate foreign exchange risk while 42% wanted to benefit from better pricing.

For more information please contact Dominik Stuiber at dominiks@zetland.biz.

海外送金の際に使われるSWIFTコードから得られる情報によれば、貿易において中国の通貨である人民元の使用が米ドルに次ぐ2番目にもっとも多いことがわかりました。米ドルは全体の81.08%ともっとも多く、人民元は2012年1月には1.89%だったのが2013年10月には8.66%まで飛躍し、ユーロドルの6.64%を抑えて2位にあがりました。(ユーロは一年で7.87%から6.64%に下がり現在3位)人民元の支払い通貨としては依然その使用は12位にとどまっています。貿易通貨に人民元を使用している国は中国、香港、シンガポール、ドイツ、そしてオーストリアが上位に位置しています。(2013年10月調査の結果)

今では世界2位の経済大国となった中国ですが、人民元の貿易使用が増えた背景には国の金融政策の一つである経済リフォームによる通貨のプロモーションの成果も大きいとされています。世界の金融センターである香港、シンガポール、ロンドン、フランクフルトやニューヨークにて人民元使用のプロモーションが行なわれています。HSBC銀行の発表では、2015年までには人民元の使用が30%台まであがると予想されています。

90カ国における1,050の金融機関が人民元でビジネスを行なっていますが、その使用先は主に中国大陸と香港に集中しています。同銀行の調査結果によれば52%の企業が人民元を国際通貨として認識していないことや、38%の企業が貿易における人民元使用の利点をあまり感じてないなどと答えています。また、30%の企業が貿易相手が人民元を使用したがらないとも答えています。

一方で中華圏での人民元の使用は香港や台湾などで人気が上がってきています。これは主に人民元使用に伴うインセンティブの設定によるものであると予想されます。調査によれば、53%の中華圏内の企業が人民元使用により貿易相手に対し最高5%までのの割引の提供を検討する、と答えています。
この調査に参加した企業の感想は、59%が為替変動によるリスク回避のために人民元の使用を増やしていきたいと答え、42%が人民元使用による割引を期待して使用を増やしたいと回答していたことがわかりました。

香港・シンガポール・上海・ベリーズ・ニュージーランド・ドバイ・ロンドン
当ウェブサイトをご利用頂く方は、弊社のご利用規約に同意されたものとみなします。