中国におけるオフショアトラスト(オフショア信託)を利用した資産管理

China Family Wealth Planning Through Offshore Trusts
中国におけるオフショアトラスト(オフショア信託)を利用した資産管理

img_family_wealth_planning_through_offshore_trusts

The offshore trust settled in a Common Law jurisdiction is distinct from the trust principle in China and the objectives of the trusts could not be further apart. Chinese trusts, predominantly structured as single capital trust (单一资金信托), are designed with the commercial purpose to provide capital to private companies, incentivizing private lending and economic growth. Intended as investment vehicles providing credit to private organizations at high yields, inherently Chinese trust also carry higher risk, which became evident in the past years when some of the trust companies only narrowly avoided their defaults.

Offshore trusts on the other hand are typically designed for family wealth management, legacy planning, and the transition of businesses to the next generation. The focus is generally on asset protection and preservation of wealth as well as providing financial security for family members, especially children or even grandchildren.

Asset Protection

A properly structured trust may provide additional protection against creditor’s claims from bankruptcy or personal liability from a professional capacity. Considering the principle of community property in China, such claims could possibly also affect spouses.

In certain circumstances a trust may protect assets from divorce claims which can span over longer periods. As an example, although the marriage law specifies that property (movable property or immovable property outside of China) received by one party as a gift or by will of the parents of that party solely belongs to that party, the spouse could try to claim that this property is matrimonial or community property and thus to be divided. The property could be inaccessible for the duration of the divorce proceedings.

Asset protection applications in a trust arrangement can be much wider and beyond the statutory limitations of enforcement of third party claims and can be implemented by the Settlors. An example might be spendthrift trusts or to protect assets from probate disputes. Often, asset protection is one of many considerations in a succession planning trust, i.e. to provide for a child from a former marriage.

Estate and Succession Planning

Estate planning can be a sensitive topic, but it is probably the most important feature of an offshore trust to arrange affairs of a family business or to provide for future generations. Although China recognizes wills and statutory succession, i.e. forced heirship is only secondary to testamentary succession, a will may be contested in probate, its execution prolonged and possibly declared invalid. Overseas property in particular benefits from the protection of a trust. Testamentary or statutory succession may need to be enforced separately in an overseas jurisdiction or may even be subject to different succession rules. Having one’s affairs settled inter vivos provides clarity before the succession case.

An additional concern is the potential implementation of inheritance tax in China. Inheritance taxes in overseas jurisdiction, which can be in excess of 50%, could also impact Chinese successors, for property and especially real estate owned outside of China.

Provision for family members abroad

With the rise of investment immigration, the use of trusts provides a different aspect to provide for children living, studying or working abroad. A trust can be designed to pay for school fees, owning a property overseas, or even give cash allowances to family members that live abroad.

Offshore trusts are a flexible private wealth management instrument, not only for the ultra rich, to protect assets, preserve wealth and provide financial security.

For further information, please contact Dominik Stuiber at dominiks@zetland.biz.

コモンロー国家にて設定されているオフショアトラスト(オフショア信託)は中国国内で利用されている信託原理や信託目的とは異なります。中国で信託といえば大概は単一資金信託のことを指し、非公開会社への資金調達や民間融資などの経済促進の利用に限られています。投資目的のビークルとして法人などへ貸付を行っているため中国の信託は非常にハイリスクを負っており、よって過去にはいくつかの受託会社においては債務不履行責任をギリギリで逃れたケースもありました。

その点、オフショア信託は家族資産運用や資産承継、または事業承継などに利用されるのが一般的で、信託目的は資産保護や貯蓄、そして配偶者、子供、孫などへの経済的サポートになります。

資産保護

適切に設定された信託は事業倒産やその他の債権者から資産を守ることも可能です。夫婦共有財産制度のある中国においての自己破産は、配偶者の資産にまで影響を及ぼす可能性もあります。

例えば、中国婚姻法において夫婦一方のみが資産(動産、不動産を問わず)を親から贈与または遺産として受け取った場合において、その資産は夫婦共有資産とはならないという規定がありますが、別な一方が夫婦資産だと申し立てすることも可能で、そのため、場合によっては離婚の際にはその資産が分割対象になってしまう可能性もあります。信託資産にしておくことで、そのような事態を回避することも可能です。

信託における資産保護機能の適用は広く、消費者保護信託の設定やプロベート(遺産分割手続き)から信託資産を保護できるケースにも見られるとおり、信託資産を第三者請求から保護することが可能です。信託は委託者によって設定されるため、例えば委託者の連れ子への資産継承などのプランニングにも効果的です。

資産継承プランニング

資産継承プランニングはセンシティブな話題ですが、オフショア信託のもっとも重要な利用価値として、ファミリービジネス(同族経営)や子孫の将来に備えたプランニングがあるといえるでしょう。中国では遺言と法定相続分が認められていますが(遺言は遺留分よりも優先されます)、遺言はプロベート手続きの際に異議を唱えられることもあり、無効にされてしまう可能性もあります。中国国外に資産がある場合においては中国国内の法廷または遺言による遺産相続のルールは必ずしも適応されず、よってオフショア信託の利用下によるベネフィットがもっとも大きくなるケースでしょう。被相続人の生存中に、自身の大切な遺産の継承を明確にそして確実にしておくことがオフショア信託では可能だという利点が大きいです。

現在、中国では相続税の導入についてはまだ検討中ですが、海外では相続税が50%を超える国もあり、海外資産を所有する中国人にとっては相続税を考慮しなければならない場面も出てきます。

海外に住む家族のサポート

中国国外での投資活動や家族の海外留学や移住が盛んになっている中、そうした海外にいる家族に対する教育面や生活のサポートにもオフショア信託が利用が可能です。オフショア信託の設定目的に子供の教育費の工面、海外の不動産投資、海外に住む家族への生活費の工面を事項として取り込むことが可能です。

オフショア信託は富裕層のみにならず、資産保護と運用のツールとしてフレキシブルに活用することが可能です。

ゼットランドでは香港、ニュージーランド、ベリーズにて受託者ライセンスを所有し、信託設立のアドバイスを初めとする受託者サービスを提供しております。お問い合わせはintray@zetland.biz まで。

香港・シンガポール・上海・ベリーズ・ニュージーランド・ドバイ・ロンドン
当ウェブサイトをご利用頂く方は、弊社のご利用規約に同意されたものとみなします。