共通報告基準(CRS)に基づく自動的情報交換(AEOI)

Automatic Exchange of Information (“AEOI”) under the Common Reporting Standard (“CRS”)
共通報告基準(CRS)に基づく自動的情報交換(AEOI)

The Inland Revenue (Amendment) (No. 3) Ordinance, 2016 on implementing AEOI under the CRS in Hong Kong was gazetted and came into effect on 30 June 2016.

Under CRS, financial institutions (“FIs”) resident in Hong Kong are required to apply due diligence procedures to identify the financial accounts held by tax residents (individuals or entities) of CRS partner jurisdictions with which Hong Kong has entered into a comprehensive avoidance of double taxation agreement or tax information exchange agreement, and to collect and furnish the required information of such accounts to the Inland Revenue Department (“IRD”) on annual basis. The IRD will then transmit the data to the tax authorities of the respective CRS partner jurisdictions on an annual basis.

After the enactment of the legislation on AEOI, the HKSAR Government aims to identify at least one suitable AEOI partner jurisdiction and conclude negotiations with it by the end of 2016 to pave way for FIs in Hong Kong to start conducting due diligence procedures in respect of their financial accounts in 2017. Thereafter, reporting FIs are expected to register with the IRD by September 2017 and file the first AEOI forms to the IRD by May 2018.

The due diligence procedures will apply to all account holders for accounts opened on or after 1 January 2017 while account holders for pre-existing accounts are required to provide self-certification to verify their tax residencies if the FI has doubt about the tax residency of the account holder. The required information to be furnished on the AEOI forms generally includes name of the individual or entity, address, jurisdiction of residence, taxpayer identification number, date and place of birth, account number, account balance or value at year-end and gross amount of interest, dividends and sale proceeds from financial assets during the year.

Should you require further details or assistance with respect to CRS or any accounting or tax matter, please contact us at tax@zetland.biz.

香港のCRSに基づくAEOI実施について内国歳入法(改正)2016年法律第3号が通達され、2016年6月30日に発効しました。

CRSでは、香港に籍を置く金融機関(FIs)は、香港が包括的二重課税防止協定または税務情報交換協定を締結しているCRS相手国の税務上居住者(個人または機関)が保有する金融口座を特定するデューディリジェンス手続きを適用し、当該口座の必要情報を収集し年次ベースで税務局(IRD)に提供することが義務付けられます。IRDはそのデータを年次ベースでそれぞれのCRS相手国の課税当局に伝達します。

AEOIについての法律発効後、香港特別行政区政府は少なくとも1か国の適切なAEOI相手国を特定し、2016年末までに交渉を妥結して香港の金融機関が2017年の金融口座に関するデューディリジェンス手続きの実施を開始することを目指しています。したがって、金融機関への報告は2017年9月までにIRDに登録され、2018年5月までに最初のAEOI申告書がIRDに提出される見込みです。

デューディリジェンス手続きは2017年1月1日以降に開設されるすべての口座の保有者に適用されますが、既存口座の保有者は、金融機関が口座保有者の税務上の居住地について疑念を持った場合に税務上の居住地を証明する自己申告を行うことが必要となります。AEOI申告書に記載される必要情報は通常、個人または機関の名前、住所、税務上の居住地、納税者番号、生年月日および出生地、口座番号、口座残高または年度末時点の評価額および利息総額、年度中の金融資産による配当金および売却による収入を含みます。

ゼットランド・タックス・アドバイザーズでは香港や中国における法人・個人両方の税務のアドバイスを初め、米国、英国の個人所得や不動産購入関連に対するアドバイスや確定申告も行っております。お問い合わせはintray@zetland.bizまで。

香港・シンガポール・上海・ベリーズ・ニュージーランド・ドバイ・ロンドン
当ウェブサイトをご利用頂く方は、弊社のご利用規約に同意されたものとみなします。