自動的情報交換に関するシンガポールの見解

Singapore’s position on the automatic exchange of information
自動的情報交換に関するシンガポールの見解

img_singaporeAutomatic Exchange of Information (“AEOI”) and Common Reporting System (“CRS”) have become buzz words for practitioners in the taxation, financial services and corporate services industries. There were also extensive discussions in Singapore about the requirement of having centralized registers for beneficial owners versus making the registers publicly available.
For those who are unfamiliar AEOI, which is based on the CRS, refers to the regular exchange of financial account information between jurisdictions for tax purposes, with the objective of detecting and deterring tax evasion by taxpayers through the use of bank accounts outside their country of tax residence.
Aiming to reduce tax evasion through tax transparency, financial institutions around the world are faced with significant additional identification and reporting responsibilities, which may vary in detail and timing by jurisdiction. They will be required to collect and track complex, varied customer information in a timely manner, and report to its own domestic jurisdiction where they operate.
Singapore will commence the AEOI under CRS in 2018. Singapore-based Financial Institutionss (“SGFIs”) will be required to transmit the information of their account holders who are tax residents of jurisdictions that Singapore has a Competent Authority Agreement (“CAA”) with. Such exchanges will be carried out on a bilateral basis with jurisdictions with whom Singapore has signed CAAs. This will be subject to the following conditions:
a) First, there must be a level playing field among all major financial centres to minimise regulatory arbitrage;
b) Second, Singapore will only engage in AEOI with jurisdictions that have a robust legal framework, and can ensure the confidentiality of information exchanged and prevent its unauthorised use; and
c) Third, there is full reciprocity with AEOI partners in terms of information exchanged.
These conditions are necessary to make sure Singapore continues to respect legitimate expectations for taxpayer confidentiality, as well as to ensure the AEOI is effective in tackling tax evasion.
For more information, you may contact Su Lee, General Manager of Zetland Singapore at suleec@zetland.biz or +65 6557 2071.

自動的情報交換(AEOI)および共通報告基準(CRS)は、税務、金融サービスおよび企業サービス業界の専門家にとって関心を集めている話題です。またシンガポールでは、政府機関のみが知ることができるを最終受益者の登録についての議論が行われています。同時に、現在は政府機関に登録しなければ購入できない法人登記事項(それには最終受益者情報はなし)を、誰でも購入できるようにする登記事項の一般公開についても幅広い議論が行われています。
馴染みのない方のために説明すると、CRSに基づくAEOIとは、納税者の税務上居住国以外の銀行口座利用による脱税を検知・阻止することを目的とする、税務当局間の金融口座に関する定期的な情報交換のことです。
税務上の透明性によって脱税を減少させる目的から、世界中の金融機関は本人確認と報告義務の著しい負担増に直面することになりますが、国や地域ごとに詳細や施行されるタイミングは異なっています。複雑で幅広い顧客情報を適時に収集・追跡し、自国の当局に報告することを求められています。
シンガポールはCRSによるAEOIを2018年に開始します。シンガポールの金融機関(SGFIs)は、シンガポールと当局間合意(CAA)を結ぶ国の税務上居住者の口座情報を送ることが義務付けられます。この情報交換は、シンガポールとCAAを締結している国との2国間ベースで実施されます。これには以下の条件が適用されます。
a) 第1に、すべての金融センターで規制回避を最小化する公平な取引フィールドを構築しなければならない。
b) 第2に、シンガポールは、確実な法の枠組みを有し、交換した情報の機密を確保し不正使用を防止できる国とのみAEOIを締結する。
c) 第3に、情報交換の点においてAEOIの提携国とは完全な互恵関係とする。
こうした条件は、シンガポールが脱税に対処する上でのAEOIの有効性を保証すると同時に、納税者の機密保持への合理的な期待を順守していることを保証するために必要な事項です。

ゼットランドではシンガポール支店にてシンガポール法人設立及びシンガポールでのビジネスをサポートさせていただいております。お問い合わせは直接シンガポール支店(suleec@zetland.biz)または日本語はintray@zetland.bizまで。

香港・シンガポール・上海・ベリーズ・ニュージーランド・ドバイ・ロンドン
当ウェブサイトをご利用頂く方は、弊社のご利用規約に同意されたものとみなします。