香港の銀行サービスの向上

Improving Banking Services In Hong Kong
香港の銀行サービスの向上

img_improving_banking_services_in_hong_kongHong Kong, as an international financial centre, is dependent on the provision of financial services and support to companies not only registered in Hong Kong but globally. However, Hong Kong banks have recently been getting bad press for declining new account opening, and for poor customer service and satisfaction. The closure by some banks of accounts that have been open for many years has increased the frustration of both clients and trust and corporate service providers.
Banks and financial institutions have been left nervous by political and regulatory pressure to combat money laundering and terrorist financing, and in some cases banks have been fined substantial sums for compliance-related failings. In addition the need to comply with the USA’s Foreign Account Tax Compliance Act and, from 2017-18, with the automatic exchange of information required by the OECD-sponsored Common Reporting Standards has contributed to banks seeking zero-risk for existing and new bank accounts.
Consumer and trade bodies and organizations have become acutely aware of the commercial dangers of the banks aggressively “de-risking’ and several bodies have tried to try and mediate a reasonable approach by banks, although with limited results. Consumer complaints continued to increase until the Hong Kong Monetary Authority (HKMA), Hong Kong’s banking regulator, had little choice but to intervene to try to ensure the financial inclusion of SMEs. In its latest guidance circular to banks and financial institutions HKMA recognized the seriousness of the issue and further clarified the risk-based approach they expect from financial institutions, and banks in particular. Furthermore, HKMA is taking an active role to assist banks in developing a more transparent and fair approach. Given this involvement and further efforts to reduce the expectation gap between banks and consumers, it raises the hope that account opening will become easier in the near future.
Zetland can assist with bank account opening in Hong Kong, Singapore and other jurisdictions. For assistance, please contact us at intray@zetland.biz.

香港は国際的金融センターとして独立して金融サービスを提供し、香港に籍を置く企業だけでなく世界的な企業をサポートしています。しかし、香港の銀行は最近、新規口座開設の減少や、粗末な顧客サービス、満足度について酷評されています。長年開設されていた法人口座の閉鎖も相次ぎ、口座を保持する顧客自身や弊社のようなトラスト(信託)や法人設立を提供するコートレートサービス業者の双方の不満を増大させています。
銀行および金融機関は、マネーロンダリングやテロ資金供与と闘うための政治と規制の圧力に神経質になっており、銀行がコンプライアンス関連の欠陥から相当な額の罰金を課せられた事例もあります。さらに、米国における外国口座税務コンプライアンス法(FATCA)、および2017~18年からは経済協力開発機構(OECD)による共通報告基準(CRS)が求めている自動的情報交換を順守する必要性から、銀行は既存および新規の銀行口座におけるリスク皆無を求めるようになりました。
消費者および貿易機関や組織は、銀行の極度な「脱リスク」に強い商業的危機感を感じるようになり、複数の機関が銀行による合理的アプローチを仲立ちしようとしてきましたが、その成果は限られたものでした。消費者の不満は増大していき、ついには香港の銀行規制当局である香港金融管理局(HKMA)が、中小企業のフィナンシャル・インクルージョン(金融への受け入れ)を保証するための介入を行わざるを得なくなりました。銀行および金融機関に対する最新の通達で、HKMAは問題の深刻さを認め、金融機関、特に銀行について予想されるリスクに基づいたアプローチをさらに明確化させました。さらに、HKMAは銀行のより透明性の高い公正なアプローチを支援する積極的な役割を担っています。銀行と消費者間の期待ギャップを埋めるこうした取り組みとさらなる努力を考えると、口座開設は近い将来今よりも容易になるという期待が高まります。
ゼットランドは香港、シンガポールおよびその他の国において法人銀行口座開設をサポートしています。ご要望があればintray@zetland.bizまでご連絡ください。

香港・シンガポール・上海・ベリーズ・ニュージーランド・ドバイ・ロンドン
当ウェブサイトをご利用頂く方は、弊社のご利用規約に同意されたものとみなします。