香港信託(個人トラスト)を使った資産の世代継承スキーム

HK Trusts for Estate and Succession Planning

1406_HKTrustWhen there is a generation change in Asian family businesses and transition of leadership of the family business, poor estate planning can lead to public embarrassment and threaten the entire family business and assets.
Business patriarchs preparing for the transition to the next generation should take the following three aspects in consideration and speak to a Zetland Trust advisor:

  • Ownership structure
  • Family governance
  • Corporate governance

Hong Kong trusts allow the family business to incorporate these aspects and take an individual approach to a harmonized transition of the generations.

We have listed the 5 reasons why a Hong Kong trust is ideal for estate and succession planning structures:

  1. Reserved Powers to the Settlor: Settlors of a Hong Kong trust are able to reserve the power of investment and management of the trust assets to themselves. This allows the business owner to retain greater control over the company and trust assets and manage them in the manner that they deem fit.
  2. Perpetuity Period of Trust: With the new amendments a Hong Kong trust can last indefinitely. This is particularly useful when planning for multiple generations ahead. The establishment of perpetual trusts is not possible in most major common law jurisdictions.
  3. Forced Heirship Protection: The forced heirship rules of a foreign jurisdiction will not affect the validity of any settlements of any movable assets into a Hong Kong trust made by settlors during their lifetime. This means that settlors from jurisdictions that prescribe forced heirship rules can now have peace of mind that the trust will benefit their chosen beneficiaries and will disregard any person who would otherwise benefit from their estate under domestic forced heirship rules of their jurisdiction of residence or citizenship. This provision benefits mostly settlers from civil law jurisdictions and asserts that assets in the trust cannot be clawed back by their heirs against their wishes.
  4. Hong Kong’s unique tax regime: Under Hong Kong’s territorial tax system, income derived by the trust from assets outside Hong Kong will not be taxable to the trustee, the trust entity or the beneficiaries. Hong Kong is in this regard not different from other zero tax jurisdictions:
    • Hong Kong’s tax system allows a resident Hong Kong trust which owns assets outside of Hong Kong to remit income and profits from those assets to the trust in Hong Kong without such income being taxable in Hong Kong
    • No withholding tax. Distributions to beneficiaries from a Hong Kong trust out of income earned either in Hong Kong or outside Hong Kong are not taxable in Hong Kong in the hands of the beneficiaries whether the beneficiaries are in Hong Kong or overseas.
    • There is no gift duty in Hong Kong. Gifts of property in Hong Kong or the forgiveness of a debt attract no gift duty.
    • Hong Kong has no capital gains taxes and any goods and services or value added taxes. A Hong Kong trust selling property or other assets at a substantial profit is not subject to tax in Hong Kong.
  5. Single jurisdiction governance and administration. It is a great advantage to have the trust, trustee, banking and investment, legal and accounting services all based in the same jurisdiction and subject to the same law.

Please contact us at hongkong@zetland.biz for more information and to speak to our trust professionals.

アジアにおいてよく見られるファミリービジネスの世代継承にまつわるケースが、プランニングが貧弱であったがために世間に一族の恥をさらす結果になってしまったという話です。
相続時期にきているビジネスオーナー達は、これら成功例または失敗例から学べることが多いにあるかと思われます。資産継承をご相談される際には以下の3点をキーポイントとしてご考慮いただければと思います。

  • オーナーシップの構造
  • ファミリーガバナンス
  • 企業ガバナンス

ファミリービジネスの資産継承に香港信託(個人トラスト)を利用することにより、これら3つのアスペクトを上手く組み込んだ個別なアプローチが望め、それによりスムーズな資産継承を行なうことが可能です。

資産の世代継承ツールとして香港にて信託(トラスト)を利用する魅力とメリットを5つあげてみました。

  1. 委託者の資産支配管理権:香港で信託を設定することにより委託者は信託財産を自分の資産として投資・管理することができます。これによりビジネス・オーナーとして設定された信託下に置かれた会社への支配件が広がり、自分の意思で管理できる幅が増えたことになります。
  2. 恒久な信託期間設定:信託法の改定により、信託の期間設定を無限にすることができるようになりました。これにより、複数の世代に渡る遺産継承プランニングが可能となりました。コモンロー(イギリスの法律)を採用している他の国々において同じ無期限設定を信託に採用しているところは現時点で香港以外ありません。
  3. 遺留分(Forced Heirship)からの保護:香港にて設立された信託は海外の遺留分制度から切り離され影響されません。これの意味するところは委託者(や受益者)の居住国に関わらず委託者の意図する受益者へ信託利益の受け渡しがが他の誰に邪魔されることなく可能となります。
  4. 香港の「ゼロ課税」制度:香港では香港以外の源泉所得に対する課税はありません。これはそのまま信託にも当てはまり、香港外にある信託財産によって得た利益に対する課税は発生しません。この点において香港は他の「ゼロ課税」制度を採用している国との違いはありません。
    • 香港で設定された信託へ海外から資産を移す場合、及び海外に所有する資産から得た利益を香港の信託へ移す際に税金は発生しません。
    • ゼロ源泉徴収税。受益者の居住国に関わらず、香港で設定された信託利益の受け取りの際にその信託資産の場所が香港及び海外であっても課税されない。
    • 香港では贈与税はありません。
    • 香港ではキャピタルゲインに対する課税がありません。これは信託にも当てはまります。
  5. シンプルな一統治行政内における管理:信託、受託者、銀行と投資、法律・会計サービスを香港という一つの行政区内で管理していくことが可能です。

その他、香港の信託法改定に関する情報に関しては過去のニュースレターも合わせてご参考ください。

ゼットランドは、香港やその他の国にて25年以上にわたる豊富な経験を有し、資産保全、相続対策等お客様に合わせたサービスをご提供いたしております。また、信託ライセンスを保有し信託サービスも行なっております。

詳しくは、intray@zetland.biz までお問い合わせください。

香港・シンガポール・上海・ベリーズ・ニュージーランド・ドバイ・ロンドン
当ウェブサイトをご利用頂く方は、弊社のご利用規約に同意されたものとみなします。