香港法人における実質支配人(Significant Controller)の登記

The Significant Controllers Register for a Hong Kong Companies

02_2017_09_HK_SignificantControllersRegisterThe Companies (Amendment) Bill 2017 was gazetted on 23rd June 2017 and its provisions will come into operation effective 1st March 2018.
The Bill requires every company incorporated in Hong Kong to:

  • take reasonable steps to ascertain individuals and legal entities with significant control over it (“significant controllers”);
  • obtain accurate and up-to-date information about them; and
  • maintain a register of significant controllers (“significant controllers register”) which contains specified particulars.

Listed companies will be exempt as under the Securities and Futures Ordinance they are already subjected to a more stringent regime.
The significant controllers register of a Hong Kong company will NOT be open for public inspection.
An individual is a significant controller if he:

  • holds, directly or indirectly, more than 25% of the issued shares in the company;
  • holds, directly or indirectly, the right to appoint or remove a majority of the board of directors of the company; or
  • has the right to exercise, or actually exercises, significant influence or control over the company.

A legal entity is a significant controller of a company if it:

  • meets any of the above criteria; and
  • is immediately above the company in the ownership chain.

Hong Kong is scheduled to undergo a FATF mutual evaluation in 2018/19. One of the key deficiencies in its AML/CTF regime as against FATF recommendations is the absence of statutory requirements for companies to keep information about their beneficial owners. The Bill seeks to address this deficiency and avoid Hong Kong being blacklisted by FATF. It is important to note that the significant controllers register of a Hong Kong company will NOT be open for public inspection.
For more information please feel free to contact Mr. Francis Chew at francisc@zetland.biz.

香港法人における実質支配人(Significant Controller)の登記

香港では、会社法2017年の改定版が公布され2018年3月1日より新制度が施行されます。
新制度で規定されるのは香港法人において、

  • 実質支配人(個人・法人)を特定し、
  • それら実質支配人の最新情報を入手し、
  • 実質支配人として登記する

という上記3つのことが規定されます。
これらは、すでに厳しい規定監視下に置かれている上場企業は除きます・
また、香港法人の実質支配人に関する情報は公開されません。

個人格において以下に当てはまる者は実質支配人とされます。

  • 直接または間接的に法人の株を25%以上所有しており、
  • 直接または間接的に法人の役員の選任または解任をする権限を有する者または、
  • 法人管理の権限を有するまたは実際にすでに管理をしている者

法人格において以下に当てはまる者は実質支配人とされます。

  • 上記3つのカテゴリーに当てはまり、
  • そして当該法人の直接株主である場合

香港は、FATF(マネーロンダリングに関する金融活動作業部会)より審査団が派遣され審査を行う相互審査制度(Mutual Evaluation)による検証を2018年、2019年に控えています。香港は、AML/CTF(マネーロンダリングう防止とテロ資金対策)において実質支配人の情報保管に関する法定要件を満たしていないことが今まで問題視されてきましたが、それに答える形で今回の新制度が実行されることとなり、FATFからブラックリストに載せられないための対策となりました。

尚、前述の通り、実質支配人の情報は公開されません。

ゼットランドでは香港を拠点に香港法人の設立、香港での法人銀行口座の開設、会計・税務、または移住のためのビザ取得サポートをワンストップで行っております。お問い合わせは日本語でintray@zetland.biz まで。

香港・シンガポール・上海・ベリーズ・ニュージーランド・ドバイ・ロンドン
当ウェブサイトをご利用頂く方は、弊社のご利用規約に同意されたものとみなします。