香港税制:雇用契約終了時に受領した所得への課税

Taxability of Payments Received Upon Termination of Employment
香港税制:雇用契約終了時に受領した所得への課税

The Court of First Instance has recently dismissed the taxpayer’s appeal in the case Poon Cho-ming, John v Commissioner of Inland Revenue HCIA No.2 of 2015 on the grounds that certain payments received by the taxpayer upon termination of the employment were ‘income from employment’ chargeable to Salaries Tax instead of compensation for the abrogation of the contractual right which would not be taxable. The case is in line with another earlier case Fuchs v CIR (2011) 14 HKCFAR74 where a termination payment will be chargeable to Salaries Tax if such payment in substance is made to an employee in return for his acting as or being an employee or as an inducement to enter into employment. However, if the termination payment can be proven to be attributable to the abrogation of the taxpayer’s employment rights (e.g. restrictive covenant, etc.), such payment could be non-taxable.
Should you require further details or assistance on the above, please contact us at tax@zetland.biz.

先日、香港の初級法院はPoon Cho-Ming John V Commissioner of Inland Revenue(HCIA No.2 of 2015)の案件で納税者の言い分を却下し納税者が雇用契約終了時に受領した特定の報酬は、契約上の権利を破棄することによって生まれる非課税の補償としてではなく、給与所得として扱うことによって所得税の対象となる判断を下しました。このケースの法的原則は以前のケースであるFuchs v CIR(2011)が元になっており、課税対象となる給与所得の定義として、納税者の行為または従業員であることの引き換えとして支払われているかが問われました。ただし、支払いが契約上の権利を放棄することに対して行われた場合は非課税となります。

ゼットランド・タックス・アドバイザーズでは香港や中国における法人・個人両方の税務のアドバイスを初め、米国、英国の個人所得に対するアドバイスや確定申告も行っております。お問い合わせはintray@zetland.bizまで。

香港・シンガポール・上海・ベリーズ・ニュージーランド・ドバイ・ロンドン
当ウェブサイトをご利用頂く方は、弊社のご利用規約に同意されたものとみなします。