香港:AEOI、非居住者に関わる金融口座情報の自動交換のための報告書

Hong Kong extends the list of reportable jurisdictions for AEOI purposes.
香港:AEOI、非居住者に関わる金融口座情報の自動交換のための報告書

5._Hong_Kong_AEOI

Hong Kong announced its support for the implementation of Automatic Exchange of Financial Account Information (AEOI) in September 2014.
Under the AEOI standard financial institutions in Hong Kong are required to identify and report to the Inland Revenue Department (IRD) the financial accounts held by tax residents of overseas reportable jurisdictions in accordance with due diligence procedures on annual basis. The first reporting of information to the IRD will be due in May 2018. Since Hong Kong is not a sovereign jurisdiction, it cannot be a direct signatory to the OECD multilateral agreement. In order to exchange financial account information with other jurisdictions, Hong Kong needs to have or enter into a Double Taxation Agreements or Tax Information Exchange Agreements and to conclude a Competent Authority Agreement with the targeted jurisdiction.
On 16th of March Hong Kong signed a Competent Authority Agreements with 6 countries – Belgium, Canada, Guernsey, Italy, Mexico and the Netherlands for conducting automatic exchange of financial account information in tax matters. These countries will join the United Kingdom, Japan and Korea as reportable jurisdictions under the IRD Ordinance which already came into effect on June 30th 2016.
For further information, please contact Alina at alinam@zetland.biz.

香港は、AEIO(非居住者に関わる金融口座情報の自動交換のための報告書)への加盟を2014年に発表しました。

AEOIのもと、香港の金融機関は、香港非居住者に係る金融口座情報をその居住者が納税義務のある国の税務局へ報告することになります。報告の第一弾が施行されるのが2018年5月になります。香港は国家としての主権管轄ではないため、OECDにて多国間協定を直接結ぶことはできません。香港が他国と情報自動交換するにはその国との間に租税条約または税務情報交換協定が必要となります。

3月16日l、香港はAEIOを進めるためにベルギー、カナダ、ガンジー、イタリア、メキシコ、オランダとCAA(所轄官庁契約)を結びました。これら6カ国は、香港と既にAEIOを結んでいる英国、日本、韓国に続き金融口座情報の自動交換を香港と始めることになります。

ゼットランドでは香港本社にて香港法人の設立や税務会計サービスを提供しています。お問い合わせは intray@zetlan.biz まで。

香港・シンガポール・上海・ベリーズ・ニュージーランド・ドバイ・ロンドン
当ウェブサイトをご利用頂く方は、弊社のご利用規約に同意されたものとみなします。