香港2014年と2015年の予算案

Hong Kong’s 2014/15 Budget

1404_HKBudgetOn February 26th Financial Secretary John Tsang presented the budget for 2014-15. Despite last year’s deficit warnings, the Financial Secretary reports a government surplus of about HK$12billion. For 2014, he forecasts a steady economic improvement with a Gross Domestic Product growth of 3 to 4 percent.
We would like to highlight the following tax measures of this year’s budget:

  • Tax under Profits Tax, Salaries Tax and personal assessment for 2013-14 to be reduced by 75% capped at HKD10,000;
  • Rates exemption for the first two quarters of 2014-15 capped at HKD 1,500 per quarter;
  • Legislation is to be introduced as soon as possible to allow private equity funds to enjoy the tax exemption for offshore funds. Consultations on proposals to introduce an open-ended fund company structure are being held.

This year’s budget did not include the waiver of Business Registration fees. This means that companies renewing the Business Registration Certificate on or after 01 April 2014 will have to pay the levy and fee of USD350 instead of USD85 in the past year when fees were waived.

To most, this year’s budget is no surprise, providing a mix of long-term, as well as one-off measures, in line with previous budgets. It will certainly contribute to keep Hong Kong an attractive jurisdiction and base for regional and global operations and an international finance and trading centre.

For more information, please contact Dominik Stuiber at dominiks@zetland.biz for further information.

2月26日、香港の今年度と来年度の予算が財政司司長であるJohn Tsang(曾俊華)より発表されました。去年警告されていた赤字予想に反して香港ドルにして12ビリオンドル(約1,650億円)の黒字を計上したと発表されました。2014年は3~4%の安定したGDP成長が望める予想です。

2014年の予算案に含まれる税制措置を以下を含みます。

  • 事業所得税と個人所得税の75%を減額(HKD10,000が上限)
  • 最初の2四半期において、不動産税(Rates)の免除(HKD1,500が上限)
  • オフショア・ファンドに対する免税処置の範囲をプライベート・エクイティー・ファンドにまで拡大適用する検討にて法整備が行なわれいてる。

今年の予算では香港法人に対する商業登記費の免除は可決されませんでした。よって、2014年4月1日以降に設立される香港法人には登記費として去年までのUSD85(約8,700円)ではなくUSD350(約35,700円)が適用されます。

今年の予算案は例年の通り長期・短期の両方に渡る経済対策が以前の予算案に追加として盛りこまれたものとなっています。今年も香港は世界の有数な金融センターとして発展していく見込みです。

香港・シンガポール・上海・ベリーズ・ニュージーランド・ドバイ・ロンドン
当ウェブサイトをご利用頂く方は、弊社のご利用規約に同意されたものとみなします。