中国

中国、深圳(シンセン) ウェルスマネージメントセミナーの開催

去年(2019年)8月、弊社は杭州にある弁護士事務所、Tianyuan Law Firm及びSMARTEAM LINRY社と組み、香港の隣にある街、中国華南地区の深圳(シンセン)にてウェルスマネージメントセミナーを開催し、多くの方にご参加をいただきました。 ご参加いただいたのは銀行、法律、投資業界からのプロフェッショナルで、中国における今後のファミリーオフィスや信託のあり方や、海外資産の保全や税務的対策について有意義な話し合いを持つことができました。 Tianyuan Law Firm所属の弁護士、Chuncheng Liu氏及び同じ事務所の香港支店から参加の顧問のZheng Yilei氏より、中国におけるファミリーオフィスビジネスのお話がありました。 弊社ゼットランド上海オフィス代表のPhoebe Luoからはオフショア信託(海外信託)の使い方や現状について、オフショア信託における資産承継や税務対策、資産保全や管理についての説明をさせていただきました。 また、同じく弊社上海オフィス代表からは中国にて新たに導入された富裕層に対する所得税とCRS(共通報告基準)やFATCA(米国外国口座税務コンプライアンス法)の絡みついて、CRS(共通報告基準)についてありがちな間違いや去年導入されたオフショア法人における実態要求(Substance Requirement)の話を、現場で実際に起こっている問題の紹介も交えて説明をさせていただきました。 SMARTEAM LINRY社から参加いただいたパートナー弁護士であるYue Shi氏からは富裕層における海外資産分散計画について、香港におけるポリシー(規制)変更の説明、及び身分計画(Identity Planning)と信託の利用についての説明がありました。 セミナーは一日がかりで行われ、参加者はリラックスした雰囲気の中でプレゼンターとのコミュニケーションのやり取りが多く行われた、大変有意義なものとなりました。 ゼットランドはこのように他の弁護士事務所やプロフェッショナルチームと協業し、信託、税務、投資に関するセミナーを随時行っております。プレゼンターとしてまたは参加者としてセミナーにご興味がある方は、是非ご連絡ください。 また弊社では上海に支店を置き、中国における法人設立、税務・会計を初めとするさまざまなビジネスのサポートを行っております。 お問い合わせは intray@zetland.biz 日本語でまで。 (以下、英語原文) Zetland held a Successful Wealth Management Conference with Tianyuan Law Firm in Shenzhen In the early summer of this year, Zetland Fiduciary Group Limited and Tianyuan Law Firm Hangzhou Branch held a family wealth management meeting beside the beautiful West Lake in Hangzhou. At the end of August, Zetland joined hands with Tianyuan Law Firm once again, this time in Shen Zhen. SMARTEAM LINRY was invited to jointly chair the family wealth management meeting in the Pearl of South Shenzhen. Many professionals from the banking, legal and…
詳細を見る

【中国】外商投資法がいよいよ2020年1月より発効、海外投資者を国内投資者と平等に扱う狙い

中国では外資による中国への投資に対する権利と保証を強めるための新しい法律を制定しました。外資参入がアクセスできる産業やマーケットがかなり規制されていたため、外国投資者に対する差別であると、米中貿易戦争が始まる以前から、中国はそのやり方にずっと批判を受けてきました。 新しい法律である「外商投資法」は今年2020年1月1日に施行されました。これが批判に対する中国の対応なのか、または対外開放をさらに拡大するための必然的な要求から発生したのかは不明ですが、いづれにしろ新法律の成立は必然的な結果であったといえるでしょう。 外商投資法では外資による投資促進、業務の標準化、外国投資家の権利保護を目指し、社会主義のマーケットにおける更なる経済成長を目指しています。長年の間、中国では「安定した、透明で、予測可能な、そして平等なマーケット環境」が求められてきました。外商投資法では、外資投資が禁止されている特定産業以外は、外資投資も国内投資と平等に扱われるよう規定されることになります。これにより外資法人も政府からの受注契約や公的融資に債権の発行などを通してアクセスが可能となります。外商投資法によって外国投資家は以下の権利が保障されます; 外国投資者の中国国内における出資、利益、資本収益、ライセンス料、報酬や法人清算後の余剰資金などにつき、法に基づき人民元または外貨で自由に海外送金をすることができる。 外国投資者及び外商投資企業の知的財産を保護し、知的財産権の権利者および関連権利者の合法的権利を保護する。知的財産の侵害行為については法に基づき厳格に法律責任を追及する。 技術移転契約の期間満了後の中国企業の技術継続使用権を認める旨の規定(同実施条例43条)の削除。行政機関およびその行政職員は技術譲歩の強制をしてはならないことを規定。 これにより外資企業も国内企業と同様に社会信用システムが適用され、同じ監督管理条件が課せられることになります。 尚、この新しい外商投資法の導入により従来の外資三法である「中外合弁企業法」「外資独資企業法」「中外合作経営企業法」は廃止され、今後は「会社法」のみが適用されることになります。移行期間は5年間の猶予が与えられ、該当企業は期間内に新しい法律に準拠する必要があります。 新しい外資投資法の制定は従来の外資投資環境の批判内容に対応する形で取り組まれています。外国からの投資に対して今までの市場参入のバリアを取り除き、外国投資家の信頼をいっそう高め、成熟しつつある中国経済を改善していく政策となるでしょう。 ゼットランドでは上海に支店を構え、中国における法人設立、税務・会計及びその他のビジネスサポートを提供しています。お問い合わせは日本語で intray@zetland.biz まで。 (以下、英語原文) Foreign Investors to be on Equal Footing with Domestic Businesses in China China is implementing a new law to strengthen the rights and protection of foreign invested businesses in China. China has been critiqued for discriminating against foreign businesses and restricting their access to specific industries, markets and consumers, long before the US-China trade war. The new Foreign Investment Law (“FIL”) is to come into effect on 1st January 2020, whether this is in response to criticisms or simply to remain attractive to foreign direct investment is open to interpretation. The law aims to allow further access…
詳細を見る

中国外資独資企業(WFOE)の持ち株会社としての香港法人の設立

中国にて事業を展開される方や投資を検討されている方に、持ち株会社(香港法人)の設立をお勧めしております。香港法人を中国法人の株主とする利点は以下の通りです. オーナー変更(株主変更)が簡単です:中国で設立された外資独資企業(WFOE)では、取締役や株主の変更は中国本土の規制が用いられるため時間もかかりなかなか容易には行きません。その点、香港法人を使えば香港でのみの簡易手続きだけで済みます。中国での事業が拡大し、投資家が増える場合には、先に中国法人(WFOE)の株主を香港法人100%に変更し、追加される投資家は香港法人の株主として追加するのが得策です。 法制度の違い:香港の法制度は中国本土から切り離されており、香港では英国のコモンローシステムになります。中国本土でではなく香港での契約締結、そして万が一の裁判の際には中国でではなく香港で行うことを望まれる方が多いです。 投資家の保護:中国法人(WFOE)の直接支配より、その持ち株会社となる香港会社を通しての支配の方が、投資家にとって責任からのより強い保護が期待できる場合もあります。 香港での銀行口座開設:香港の銀行システムは非常に高いテクノロジーとセキュリティーを有し、国際メガバンクの全ては香港に集まっています。また、中国では為替規制がありますが香港ではそのような規制や承認の必要はなく、あらゆる通貨の送金が簡単に行えます。 税的利点 源泉徴収税:中国法人から香港持ち株会社への配当において、中国における源泉徴収税は5%になります。香港ではないその他の国の法人が持ち株法人の場合は10%です。香港では配当は非課税です。 課税協定:香港と中国間における租税条約からの税的優遇措置の享受 ゼットランドでは香港、シンガポール、中国での法人設立、会計、税務のサポートを行っております。お問い合わせは日本語で intray@zetland.biz まで。 (原文)Benefits of using Hong Kong holding company when investing in China It is easy, convenient and fast to setup a Hong Kong company – takes 1-2 days. Flexibility in changing ownership: Once a WFOE (Wholly Foreign Owned Enterprise) is set up in China, changing directors and ownership requires compliance with Chinese regulations and it is time consuming. It is easier to change or add shareholders of your HK company than a WFOE. If your China business increases and you want to add more shareholders, they can be added to the HK holding company which owns the WFOE instead. Hong…
詳細を見る

中国:中国深圳市で行われた「オフショアサミット2017年」に、パネラーとして参加しました

China Offshore Summit 2017 has been one of the Asia’s largest financial and wealth management summit since the inception of the China Offshore Summit series in 2010. It is held twice a year in Shenzhen and Shanghai respectively, attracts many professional individuals and experts from financial institutions, financial service providers, governments and investment institutions all over world. Hosted by the “Asia Offshore Association”, China Offshore Summit has become Asia’s high-end and authority’s annual meeting since the year of 2010. All the audience invited are lawyers, accounts, trust & fiduciary service providers, wealth management professionals, corporate service providers, international financial center regulatory authorities and other relevant government or public regulatory/ legislative…
詳細を見る

杭州の新たな可能性となるG20サミット

G20 Summit is a new opportunity for Hangzhou 杭州の新たな可能性となるG20サミット Traditionally overshadowed by metropolises such as Shanghai and Beijing in China’s international events, Zhejiang Province’s capital city of Hangzhou was in the global spotlight when it hosted the recent G20 Summit in September. Hangzhou made considerable press for the Chinese government’s intense efforts to beautify the city and ease congestion for its international guests, including by shutting down polluting factories, shipping away migrant workers, giving citizens vouchers to encourage them to go on vacation, and spending over US$1 billion on a new convention center. Despite these vast efforts, Hangzhou’s allure is not simply cosmetic. While China’s growth is slowing as its…
詳細を見る

中国におけるオフショアトラスト(オフショア信託)を利用した資産管理

China Family Wealth Planning Through Offshore Trusts 中国におけるオフショアトラスト(オフショア信託)を利用した資産管理 The offshore trust settled in a Common Law jurisdiction is distinct from the trust principle in China and the objectives of the trusts could not be further apart. Chinese trusts, predominantly structured as single capital trust (单一资金信托), are designed with the commercial purpose to provide capital to private companies, incentivizing private lending and economic growth. Intended as investment vehicles providing credit to private organizations at high yields, inherently Chinese trust also carry higher risk, which became evident in the past years when some of the trust companies only narrowly avoided their defaults. Offshore trusts on the other hand are typically designed for…
詳細を見る

中国の増値税改革、不動産業と建設業への影響について

China’s VAT Reform and Its Impact on Real Estate and Construction Sectors 中国の増値税改革、不動産業と建設業への影響について Changes to China’s value-added tax (VAT) policy are expected to be complete by the first half of 2016, ending industry’s dual tax system. One of the systems is business tax, which refers to a levy on the gross revenue of a business. Meanwhile, VAT refers to a tax levied on the difference between a commodity’s price before taxes and its cost of production. Manufacturing entities have been subject to VAT since 1994, while other businesses continued to pay the business tax until a pilot scheme on business tax-to-VAT was launched in 2012 in Shanghai. The pilot scheme…
詳細を見る

中国:増値税改革による一般納税者申請の簡潔化

China Simplified VAT General Taxpayer Application Process after the VAT Reform 中国:増値税改革による一般納税者申請の簡潔化 China initiated Value-Added Tax (VAT) reform with a pilot program in Shanghai in 2012, expanded it nationwide to selected industries in 2013, and continues to extend the reform into previously untouched sectors and now is completing its transition to a value-added tax (VAT) system. China’s VAT is an indirect tax on business transactions imposing a rate of three percent to seventeen percent of the transaction amount. In China, value-added taxpayers are categorized into general taxpayers and small-scale taxpayers based on their annual taxable sales amount. While taxpayers with annual taxable sales exceeding the annual sales ceiling set for…
詳細を見る

中国:上海に続く新たな自由貿易試験区設置へ

New Free Trade Zones to Set Up in China 中国:上海に続く新たな自由貿易試験区設置へ China will set up three new free-trade zones in Guangdong, Fujian and Tianjin, based on experience drawn from experiments in Shanghai’s free trade zone, to test greater opening-up and tap the economy’s huge potential to hedge against mounting downward pressure in 2015. The Chinese government has been authorized to ease investment rules in three new free trade zones (FTZs) after top legislature gave the go ahead during a bi-monthly meeting on 28 December, 2014. Shanghai’s free trade zone, or FTZ, which opened in September 2013, was heralded as a laboratory for ambitious free market reforms that would lift everything from…
詳細を見る

中国:増地税のリフォーム

VAT reform in China is expanding In March 2014, the Ministry of Finance (MOF) announced that it was working with other government departments to further expand the scope of the Value Added Tax (VAT) pilot reform, which started in 2012, to more sectors – including the telecommunications, construction, real estate, finance and living service sectors. On January 1, 2012, the trial of the value-added tax (“VAT”) Transition from business tax (BT) to VAT (“VAT Transition”) for transportation and certain modern service industries was implemented in Shanghai. In July 2012, the State Council further expanded the pilot area to Beijing and seven other provinces and municipalities in stages: Beijing (September 2012);…
詳細を見る