法人設立

香港法人設立統計、2019年版

香港はアジア随一のビジネス・シティーです。 2019年版、世界銀行(World Bank)の「ビジネス環境ランキング」にて、香港は5位とされました。 香港当局の発表によれば、2019年1月から11月までの間に合計で11万5千社以上の法人が香港にて設立されています。(ちなみに日本における新規法人設立数は2017年で13万件です)香港において、2018年の新規設立が15万件だったのと比べると、デモの影響などは新規法人設立数には影響を与えてないことが伺われます。 香港政府は常に経済成長に力を入れ続けてきました。香港の3大産業である金融、旅行、貿易産業を初め、文化&クリエイティブ系産業、教育産業、テクノロジー産業、テスト&検定業などの産業もじょじょに伸びてきています。 ゼットランドでは香港に本社を構え、香港法人設立、会計・税務、監査(外注)、各種ビザ取得などのサービスを提供しております。日本のお客様をサポートするジャパンデスクもありますため、お問い合わせはお気軽に日本語で intray@zetland.biz まで。 (以下、英語原文) Hong Kong Company Formation Statistics 2019 Hong Kong is one of the leading cities in Asia for conducting business. Hong Kong ranked fifth in “ease of starting business” in the World Bank’s Ease of Doing Business 2019 Score (www.doingbusiness.org/en/data/doing-business-score). This demonstrates that Hong Kong remains one of the major business centers in the world for companies. According to Statistics of Companies Registry, from January to November 2019, a total of 115,230 local companies were incorporated. In 2018, the total number of incorporated companies was 151,739 (www.cr.gov.hk/en/publication/fact-stat/statistics/local-companies-incorporated/since-2014.htm). The numbers are consistent with previous years despite economic and social challenges. The Government has…
詳細を見る

【香港法人設立 VS シンガポール法人設立】の比較

弊社にてよく受けるご相談の中で、「香港とシンガポール、どちらに法人を設立するのがふさわしいでしょうか?」という質問があります。では、香港とシンガポールの違いは何なんでしょうか? 香港もシンガポールも類似している部分が沢山あります。両方ともビジネス環境にも税環境も整い優遇されています。また、アジアの中心に位置するためロケーション的にも最適でインフラが整っており、英国コモンローからきている法制度が使われ、英語が公用語の一つであり、国民の教育レベルは高く非常に優れた雇用者を期待できます。 シンガポールも香港もビジネスを始めるのに世界でもっとも簡潔に行える場所として有名です。また、通貨が安定しており為替規制もありません。 このように類似している二つの国ですが、違いもあります。 香港とシンガポールにおける法人設立において主な違いは以下になります; 取締役条件の違い:香港法人において取締役は最低一人の自然人が求められます、国籍は関係なく香港居住者である必要はありません。それに対してシンガポールでは必ず最低一人のシンガポール居住者が求められます。 設立及び維持コスト:シンガポール法人は居住者の取締役が最低1名必要求なため、居住者ノミニー取締役提供サービスを利用しなければならない場合はその分コスト高になります。(*弊社ではノミニーサービスを提供しています) また、香港の法人税は16.5%で(最初のHK$2ミリオンの所得に関しては8.25%)シンガポールは17%です。ただしシンガポールはありとあらゆる控除や優遇処置がありお得です。また、香港は完全な源泉地主義が取られており、香港源泉の所得のみが課税対象になります。(*シンガポールもほぼ同じような源泉主義を取っていますが、課税対象となる海外源泉取得利益や配当もあるためご注意ください。) 税制:香港では配当や利息収入は非課税です。シンガポールは海外から受ける配当に対し、課税対象となる場合もあります。両国において、キャピタルゲイン課税はありません。 消費税:香港では付加価値税(VAT)及び消費税(GST)はありません、に対しシンガポールでは消費税は7%になります 会計基準:全ての香港法人において毎年の財務諸表及び会計記録の作成そして監査が義務となります。それに対しシンガポールでは休眠会社や私的免除会社または小企業に対して会計が免除されます。 地理的条件の違い:最後に、香港とシンガポールの地理的または文化的条件の違いがあげられます。香港は中国市場との密な関係にあり、「中国本土・香港経済連携緊密化取り決め(CEPA)」の導入によって税制的にも中国参入へもっとも適した場所といえるでしょう。それに対してシンガポールは地理的にも文化的にも類似点が多いマレーシア、インドネシア、インドなどの東南アジアへの入り口として適した場所と言えるでしょう。 シンガポールも香港もアジア・パシフィック地域で事業を展開するのに理想な法人設立国と言えますが、設立国の選択は事業目的やそれぞれの経営者がめざすゴールなどに基づいてきます。また、顧客やサプライヤーのロケーションも重要でしょう。 ゼットランドでは香港、シンガポール、中国またはオフショア地域での法人設立、会計、税務のサポートを行っております。お問い合わせは日本語で intray@zetland.biz まで。 (原文)Hong Kong vs Singapore for company incorporation One of the popular questions from our clients is where is a better place to set up a company in Hong Kong or Singapore? What is the difference between these two jurisdictions? Both are similar in many ways. Both jurisdictions have remained highly attractive for businesses due to business-friendly and tax favorable environments, strategic location and world-class infrastructure, strong English law system and highly educated skilled workforce. Singapore and Hong Kong are reputed to be among the easiest locations in the world in setting up and doing…
詳細を見る

中国外資独資企業(WFOE)の持ち株会社としての香港法人の設立

中国にて事業を展開される方や投資を検討されている方に、持ち株会社(香港法人)の設立をお勧めしております。香港法人を中国法人の株主とする利点は以下の通りです. オーナー変更(株主変更)が簡単です:中国で設立された外資独資企業(WFOE)では、取締役や株主の変更は中国本土の規制が用いられるため時間もかかりなかなか容易には行きません。その点、香港法人を使えば香港でのみの簡易手続きだけで済みます。中国での事業が拡大し、投資家が増える場合には、先に中国法人(WFOE)の株主を香港法人100%に変更し、追加される投資家は香港法人の株主として追加するのが得策です。 法制度の違い:香港の法制度は中国本土から切り離されており、香港では英国のコモンローシステムになります。中国本土でではなく香港での契約締結、そして万が一の裁判の際には中国でではなく香港で行うことを望まれる方が多いです。 投資家の保護:中国法人(WFOE)の直接支配より、その持ち株会社となる香港会社を通しての支配の方が、投資家にとって責任からのより強い保護が期待できる場合もあります。 香港での銀行口座開設:香港の銀行システムは非常に高いテクノロジーとセキュリティーを有し、国際メガバンクの全ては香港に集まっています。また、中国では為替規制がありますが香港ではそのような規制や承認の必要はなく、あらゆる通貨の送金が簡単に行えます。 税的利点 源泉徴収税:中国法人から香港持ち株会社への配当において、中国における源泉徴収税は5%になります。香港ではないその他の国の法人が持ち株法人の場合は10%です。香港では配当は非課税です。 課税協定:香港と中国間における租税条約からの税的優遇措置の享受 ゼットランドでは香港、シンガポール、中国での法人設立、会計、税務のサポートを行っております。お問い合わせは日本語で intray@zetland.biz まで。 (原文)Benefits of using Hong Kong holding company when investing in China It is easy, convenient and fast to setup a Hong Kong company – takes 1-2 days. Flexibility in changing ownership: Once a WFOE (Wholly Foreign Owned Enterprise) is set up in China, changing directors and ownership requires compliance with Chinese regulations and it is time consuming. It is easier to change or add shareholders of your HK company than a WFOE. If your China business increases and you want to add more shareholders, they can be added to the HK holding company which owns the WFOE instead. Hong…
詳細を見る

シンガポール:外国籍法人からにシンガポール法人への国籍変更が可能になります

Singapore’s new inward re-domiciliation regime The Companies (Amendment) Act 2017 has introduced an inward re-domiciliation regime in Singapore, to allow foreign corporate entities to transfer their registration to Singapore instead of setting up subsidiaries (e.g. foreign corporate entities that may want to relocate their regional and worldwide headquarters to Singapore and still retain their corporate history and branding. The regime is expected to be implemented by year end. Re-domiciliation is a process whereby a foreign corporate entity transfers its registration from its original jurisdiction to a new jurisdiction, whilst maintaining its same legal identity. There can be many reasons to re-domicile. Generally, the reasons for moving to a new environment…
詳細を見る

香港法人における実質支配人(Significant Controller)の登記

The Significant Controllers Register for a Hong Kong Companies The Companies (Amendment) Bill 2017 was gazetted on 23rd June 2017 and its provisions will come into operation effective 1st March 2018. The Bill requires every company incorporated in Hong Kong to: take reasonable steps to ascertain individuals and legal entities with significant control over it (“significant controllers”); obtain accurate and up-to-date information about them; and maintain a register of significant controllers (“significant controllers register”) which contains specified particulars. Listed companies will be exempt as under the Securities and Futures Ordinance they are already subjected to a more stringent regime. The significant controllers register of a Hong Kong company will NOT…
詳細を見る

ラブアン:ラブアン島での資産管理

Over the last 25 years, Labuan IBFC has developed and strengthened its position as a leading business and financial centre in Asia Pacific, striking the ideal balance between client confidentiality and compliance with international best standards and practices. Labuan Financial Services Authority (“Labuan FSA”), the regulator of Labuan IBFC, has enforcing a modern and internationally-recognised legal framework with simple and attractive tax system to this jurisdiction. Its business-friendly environment allows Labuan IBFC offers a plethora of wealth creation and preservation structures in conventional and Islamic forms. These comprehensive private wealth management vehicles range from common law trusts to civil law foundations. What are Labuan Foundations? A Labuan Foundation is governed…
詳細を見る

シンガポール:会社法と有限責任事業組合(LLP)法の改正

Major amendments to the Singapore Companies Act and Limited Liability Partnership Act シンガポール:会社法と有限責任事業組合(LLP)法の改正 Singapore will be making significant changes to its Companies Act and Limited Liability Partnership Act, which will come into effect from 31 March 2017. The Companies (Amendment) Bill 2017 and Limited Liability Partnerships (Amendment) Bill were passed in Parliament on 10 March 2017, to ensure that our corporate regulatory regime continues to stay robust and supports Singapore’s growth as a global hub for businesses and investors. It also aligns Singapore with more stringent international standards for combating money laundering and terrorism financing. The objectives and the changes are as follows: Make the ownership and control of business…
詳細を見る

出資者の資産保全に適したベリーズLLC(有限責任会社)

Belize LLCs – Structure with Strong Asset Protection features 出資者の資産保全に適したベリーズLLC(有限責任会社) It is evident that Belize as a financial center continues taking steps in progressing forward, despite the existing global battle against money laundering, drug trafficking and various terrorist atrocities across the world in recent years. With the aim of the US Foreign Account Tax Compliance Act (FATCA) and the OECD’s Common Reporting Standard (CRS) to eradicate tax evasion, the International Financial Services sector of Belize is continuously subject to revisions and improvements to meet with international standards. The Belize jurisdiction currently has approximately 162,000 active offshore companies and clearly has progressed continuously in how it designs its legislation framework. It…
詳細を見る

マーシャル諸島法人の設立

Choice for Offshore Company – The Republic of The Marshall Islands In recent years, the REPUBLIC OF THE MARSHALL ISLANDS Corporate Registry has witnessed dramatic growth in Asia especially in China. Professional intermediaries and financial institutions have supported the Corporate Registry because of its modern and flexible legislations, ease of formation and unparalleled customer-service. In addition, Marshall Islands Registry will also carry out KYC check on every individual before actual incorporation. This growth is a direct result of the Marshall Islands’ ability to address aggressively and efficiently the leading issues facing the corporate world. With the intertwinement of governments and international organizations in transparency, it has become increasingly difficult for…
詳細を見る

セーシェルにおける2013年国際商業会社法(改定)

SingaporeJan 31 & Feb 1Seychelles International Business Companies (Amendment) Act 2013 The International Business Companies (Amendment) Act 2013 became law with effect from 6 December 2013. Here is a summary of the amendments. Abolition of Bearer Shares International Business Companies (“IBC”) shall not issue any bearer share from 16th December 2013. Any bearer share in issue shall be cancelled or exchanged for registered share before 16th June 2014 or it will be null and void from this day onwards. Lodging of Annual Return Declaration with Registered Agent by 31 December of each year An IBC shall furnish to the Registered Agent a return in the form of a declaration that:…
詳細を見る