香港やシンガポールへの移住:労働ビザ、投資ビザ、永住権について

October, 2020

カリブ海にある国々では、国内の経済効果を高めるために外国人に対して投資による居住権や投資ビザを発行しています。これにより国にとっては外国からのスキルを得ることができ、また外国人にとってはその国に住み、働き、または子供をその国の教育を受けさせることが可能となります。

投資ビザとは

投資ビザとは、外国人がその国の経済に一定の金額を投資することによりその国から居住権を得る法的プロセスのことです。居住権は恒久なものから一時的なものまで様々で、恒久的な居住権はやがて市民権(パスポート)を得る一歩となることもあります。ただし市民権の取得にはある一定の長い滞在が必要であり、また手続きもかかります。

移住先として人気があるのが香港とシンガポールです。

香港

香港は世界でも競争力が高く自由な経済を誇っています。中国への入り口でもあり、バイリンガルなシステム、そして簡潔な税制は、多くの外国人を香港移住へと魅了してきました。

香港は一定の金額を投資すれば取得できるような投資ビザそのものはありませんが、その代わり、個人のスキルや職種や起業家に対して居住権を与えるプログラムがあります。一定の額を投資して得ることができた投資ビザの発行は2015年に停止されました。

香港では外国人が永住権を取得できます。以下のような方法で先に居住権を取得し、そして7年香港住めば永住権を取得できます。

香港にて居住権を取得する方法は以下の通りです:

一般労働ビザ

労働ビザは香港にて働きたい外国人が必要なビザです。申請者は良い教育を受けているかまたは現地人では勤まらない仕事上の経験を身につけていることが条件となります。ビザの取得是非の判断は、各申請者の資格やスポンサーとなる会社への審査結果によります。

起業家ビザ

起業家ビザは、外国の起業家やビジネスオーナーが香港に移住し、ビジネスを立ち上げることを目的とするビザです。このビザの重要なポイントは、申請者が香港経済にいかに貢献できるかが証明できることにあります。ビザ取得是非の判断は、各申請者の資格や設立される事業内容への審査結果によります。

優秀人材入鏡計画 (QMAS)

香港の経済競争力を発展させるために外国から高学歴や専門スキルをもった優秀な人材を取り入れるためのQMAS (Quality Migrant Admission Scheme)と呼ばれるビザです。QMASはクオーター制を取っており、ポイント制の審査を得て、高得点者から順に選抜されるポイントシステムを導入しています。

シンガポール

シンガポールは政治が安定しており経済も発展しています。シンガポールへの移住により、お子様への高い水準の教育システムや医療システムへのアクセスも可能になります。シンガポールへ2年居住した後は市民権(パスポート)の申請も可能です。外国人は様々な方法にて永住権(PR)を取得することが可能です。

PTSスキーム(技術能力スキーム)

PTSスキームは、シンガポールで既に就労している外国人が永住権を取得するためのスキームで、一番簡潔な永住権取得方法です。申請者は申請時点で既にシンガポールに合法的に居住していることが条件となります。

グローバル投資プログラム(Global Investor Programme)

近年、投資による永住権の取得は難しくなってきているものの、このプログラムは外国人がシンガポールに対し最低SGD2.5ミリオンの投資を行うか同額の投資によって事業を立ち上げるかによって永住権を与えることを目的としたプログラムです。投資家はシンガポールのスタートアップ企業への投資、またはシンガポールにおける既存事業を拡大、またはシンガポールにおいてファンドへ投資をすることが条件となります。最低投資額に加え、条件をクリアーするには事業実績や投資計画書が求められます。

芸術家スキーム(PR Scheme for Foreign Artistic Talent)

芸術家スキーム(英語略でForArtsとも呼ばれる)は1991年に導入されました。世界中の芸術家及び芸能人にシンガポールに移住してもらい活躍そして文化的貢献を行ってもらうことを目的としています。申請者はまず自国や世界的に著名である必要があります。

まとめ

現在、多くの国が外国人投資家に対して投資ビザを発行していますが、各国によって取得条件が異なり、またどの国が一番よいかというのは申請者によって異なります。例えばギリシャの投資ビザ条件は最低€250,000(約300万円)からとなっており、比べて香港は最低額の条件はありませんが、その代わり申請者が香港経済にいかに貢献して香港現地での雇用拡大につながるかなどを示す必要があります。

シンガポールの永住権(PR)取得を目指す人は多くいます。シンガポールに住み、働き、シンガポールで投資活動を行っていくのに永住権の取得は便利です。シンガポールの税制は魅力的で、税的優遇措置があり、外国投資家を優遇する税制措置も多く取られています。ただし、永住権の取得期間は長期にわたり、また二重市民権を維持することはできません。

それに比べ香港は居住権の種類も多く、また取得コストも高額ではありません。香港も低税国として知られ、これも外国からの移住者をひきつける理由の一つとなっています。

ゼットランドでは香港やシンガポールにオフィスを構え、法人設立、事業設立、及び移住に必要なビザ取得のサポートを行っております。お問い合わせは日本語 intray@zetland.biz まで。


Residence by Investment: Residence in Hong Kong and Singapore via Employment and Investment

To boost economies, most countries in the Caribbean offer residence to foreigners through investment. This attracts skilled workers as well as opening up doors to individuals who wish to live, work and school in the host country.

What is Residency by Investment?

A residency by investment program is a legal and financial process that requires a foreign national to invest in the economy of another country in order to gain residence there. The residency status could be permanent or temporary. A permanent residence eventually leads to citizenship but it is a process that takes time, requires a permanent resident card and physical residence in the country for a certain period of time.

Two popular cities for relocation are Hong Kong and Singapore.

Hong Kong

Hong Kong has one of the world’s most competitive and freest economy. It is a gateway to mainland China and its bilingual legal system and simple tax regime has attracted many foreign entrepreneurs for investment and residence in Hong Kong.

Although Hong Kong does not have a citizenship through investment program, it does offer other alternatives to residency aimed at attracting talent, professionals and entrepreneurs. The previous residence scheme in Hong Kong, the Capital Investment Entrant Scheme was suspended in 2015.

Permanent residence in Hong Kong can be granted after 7 years of continuous residency.

Hong Kong now offers many routes to residency, including:

The General Employment Policy

The Employment Visa in Hong Kong is meant for individuals who wish to work and live in Hong Kong. Applicants must have ‘a good education background’ and/or relevant experience which is not readily available in Hong Kong. Each applicant is assessed based on their qualifications and the sponsoring company.

Investment as Entrepreneurs

The Hong Kong Investment Visa is meant for foreign entrepreneurs wishing to relocate to Hong Kong and establish a business. The key criteria of assessment lies in the ability to prove that such business will make a significant contribution to the economy of Hong Kong. Each application is assessed based on the qualifications of the entrepreneur and business to be set-up.

The Quality Migrant Admission Scheme

The Quality Migrant Admission Scheme (QMAS) seeks to attract highly skilled or talented individuals looking to settle in Hong Kong. Applicants are required to fulfil a set of prerequisites before they can be awarded a point, part of a two point-based test. Qualified individuals from a ‘Talent List’ are eligible for bonus points under the QMAS.

Singapore

Living in Singapore means that residents benefit from the country’s political stability and economic prosperity. Singapore also has a reputable education system and a reliable healthcare system. Singapore citizenship is offered on a single citizenship basis. After two years of permanent residence in Singapore, it is possible to apply for Singaporean citizenship. There are different types of permanent resident schemes for foreigners who intend to stay in the country:

Singapore PR scheme for Individuals working in Singapore

The Professionals/Technical Personnel & Skilled Worker scheme (or simply “PTS scheme”) is for foreign professionals who are working in Singapore at the time of applying for permanent residence. The PTS scheme is the easiest and most assured route to attaining PR in Singapore. The key requirement is that you must be working in Singapore at the time of application.

Singapore PR scheme for Investors

The Singapore Global Investor Program is designed for entrepreneurs or investors who are interested in making substantial financial investments, with a minimum investment of SGD2.5 million or similar amount in an established business in Singapore. Under the GIP scheme, investors can invest in a start-up, expand an existing business or place investment in a GIP-approved fund. Apart from a minimum investment amount, other criteria must also be met, such as good business track record, entrepreneurial background with a business proposal or investment plan.

Singapore PR scheme for Foreign Artistic Talent

The Foreign Artistic Talent Scheme (ForArts) was introduced in 1991 for international arts professionals to become Singapore Permanent Residents, in recognition of their cultural significance and contribution. To qualify for this scheme, applicants must be a well-recognised artist in their own country, preferably with an international reputation and possess the relevant training in their field of practice.

In Summary

While many countries now offer residency investment schemes, the requirements of such differ and there is no absolute answer of which jurisdiction is more attractive or suitable. For example, a minimum investment of €250,000 is required for the Greek Golden Visa whereas Hong Kong has no minimum investment requirement but does require the applicant to prove that he or she will make a substantial contribution to Hong Kong’s economy through job creation for the local workforce, service engagement with local services providers, suppliers etc.

Many choose to obtain a Singaporean permanent residence as being a PR allows you to live, work and invest in the society and economy of Singapore. Singapore offers attractive tax benefits, generous tax incentives and a lower cost environment. The country has a friendly tax regime and over recent years has continued to introduce tax regulations that favour foreign investors. However, applying for the PR status takes a considerable length of time and dual citizenship is not permitted.

By comparison, Hong Kong offers various options to residency which are often more cost effective. Foreigners are allowed to work and run businesses in Hong Kong while enjoying one of the lowest tax rates in the world and a high standard of living.

Zetland can establish and administer companies in both Hong Kong and Singapore which can assist in obtaining permanent residency. We can offer you advice and guidance to help achieve your goals.

For further details, please contact us via email intray@zetland.biz or call us at +852 3552 9085.

Newsletters


Japanese Newsletter - November 2020

Japanese Newsletter - October 2020

ニュースレター January 2020

ニュースレター May 2019 臨時号

ニュースレター April 2019

ニュースレター January 2018

ニュースレター July 2017

ニュースレター April 2017

ニュースレター October 2016

ニュースレター June 2016

ニュースレター April 2016

ニュースレター July 2015

ニュースレター April 2015

ニュースレター February 2015

ニュースレター November 2014

ニュースレター September 2014

ニュースレター June 2014

ニュースレター April 2014

ニュースレター January 2014

ニュースレター November 2013

ニュースレター October 2013

ニュースレター May 2013