中国における、在外市民に対する国外源泉所得への徴税の開始について

寄稿者:Phoebe Luo(フィービー・ルオ)、ゼットランド上海 2020年9月

ブルーンバーグ紙によると、中国政府は外国で暮らす中国市民から中国本土外における国外源泉所得に対しても税金を取り立てるためその身元調査などを開始しました。香港、マカオ、シンガポールに住む中国国籍の市民から調査が進められています。中国は2019年に国外源泉所得に対する法律を変更しました、これにより中国国外に住む中国人の多くが本土での税徴収の対象となります。

また、この改正によって中国国内に住む外国人への影響も出ます。2018年に公布された個人所得税法修正案では「5年ルール」に対する修正及び「183日ルール」の明確な導入が発表されました。「183日ルール」に従い、中国に183日以上滞在するものは税務居住者とみなされ、183日以下の場合は税務非居住者となります。今までは外国人が中国に1年以上5年以下居住する場合の国外源泉所得は免税扱いとなっていましたが、これが183日以上6年以内に変更になります。

新法制の元、外国人労働者は中国国内における居住日数が累計で満183日、かつ一回に30日を超える出国のない年数が連続で満6年になるまでは、届出により国内の所得のみ納税が認められることになります。香港、マカオ、台湾からの労働者は外国労働者に入ります。

ゼットランドグループは香港に本社拠点をおき、中国は上海にオフィスを構え以下のサービスを含むお客様の中国進出のサポートを幅広く行っております;

  1. 中国市場へのエントリー、法的コンサルタント及び税務相談
  2. オフィスソリューション
  3. 中国国内における法人設立
  4. 中国における会計サービス

またこの度、弊社上海オフィスのゼネラルマネージャーであるPhoebe Luo(フィービー・ルオ)が、英国発祥の信託協会であるSTEPの委員に昇格しました。ゼットランドでは信託の設定など、お客様の資産管理のサービスも提供しております。

お問い合わせは日本語で intray@zetland.biz まで。


Author: Phoebe Luo

Financial news agency Bloomberg has reported that China has launched an initiative to identify and locate Chinese citizens living outside of China and charge tax on their worldwide income, starting with those in Hong Kong, Macau and Singapore. China changed its rules on worldwide taxation in January 2019, bringing many more non-resident Chinese nationals into the tax scope.

In the draft regulations published in 2018, a change to the 'five-year rule' amended the definition of 'tax resident' which is currently dependent on the standard 183-day rule to determine residence. Foreign nationals' entitlement to tax exemption for their foreign-sourced income was to be limited to this five-year period. This new rule would make it much easier for a non-China-domiciled individual to be classed as tax resident. Now, in an effort to attract foreign skilled workers to the jurisdiction, this exemption period has been extended to six years.

Foreign taxpayers must comply with the filing requirement to get the exemption. It applies to all foreign-sourced income, unless the non-China-domiciled individual has stayed in China for 183 days or more a year in a six consecutive year period. The six-year clock is restarted if the individual is outside of China for more than 30 days in a single trip during the year. In practice, a foreign individual or an individual from Hong Kong, Macao or Taiwan is usually considered a non-China-domiciled individual.

In other news, we would like take this opportunity to congratulate the STEP Committee (Society of Trust & Estate Glass) for its establishment in China. General Manager, Phoebe LUO of Zetland Fiduciary Group in China is an honored to be a committee member.

Zetland Fiduciary Group provides professional corporate services, with a special focus on those entering the Chinese market or business expansion. We support customers' development requirements at different stages through the following services:

  1. China Market Entry Legal Consulting and Tax Planning;
  2. Work Place Solutions;
  3. Corporate Formation;
  4. Accounting and Tax Compliance Service.

For more information, please feel free to contact us via email shanghai@zetland.biz / beijing@zetland.biz or call us at +86 21 64272930.

Newsletters


Japanese Newsletter - November 2020

Japanese Newsletter - October 2020

ニュースレター January 2020

ニュースレター May 2019 臨時号

ニュースレター April 2019

ニュースレター January 2018

ニュースレター July 2017

ニュースレター April 2017

ニュースレター October 2016

ニュースレター June 2016

ニュースレター April 2016

ニュースレター July 2015

ニュースレター April 2015

ニュースレター February 2015

ニュースレター November 2014

ニュースレター September 2014

ニュースレター June 2014

ニュースレター April 2014

ニュースレター January 2014

ニュースレター November 2013

ニュースレター October 2013

ニュースレター May 2013