リヒテンシュタイン財団法人の勧め

October, 2020

寄稿者:Rodger Frick(ロジャー・フリック、ATU)

本記事は、リヒテンシュタイン公国にて信託や財団などのフィドゥーシアリーサービスを提供するATU (Allgemeines Treuunternehmen)より寄稿されたものです。

法律

リヒテンシュタイン公国はスイスとオーストリアに囲まれたアルプス山脈に位置する国家です。面積は160Km2で人口は38,557人、世界で4番目に小さな国となります。去年2019年で建国から300百年を向かえました。政治はいわゆる立憲君主制で、元首はリヒテンシュタイン公の世襲制ですが、議会民主制が確立されています。また、リヒテンシュタインは大陸法(民法)を採用しているため、判例法が採用されている多くのアングロサクソン系国家とは法体系が異なります。

裁判制度は非常に効率的で、スイスとオーストリアを掛け合わせた要素を持ちますが、手順はリヒテンシュタイン独自のものです。また、リヒテンシュタインはヨーロッパ大陸において初めてそしていまだに唯一の信託を採用している国です。

リヒテンシュタイン財団法人及び信託の利点(他国との違い)

  • リヒテンシュタインでは信託と財団法人の両方の設立が可能
  • 柔軟性:財団法人及び信託の設定において、Irrevocable(取消し不可)、Revocable(取消し可能)、Discretionary(任意)、Non-Discretionary(任意ではない)、Grantor(グランター)、Non-Grantor(非グランター)のいづれの設定も可能
  • プライバシーの保護:財団法人は登記されますが、財団設立者及び受益者の名前は公開されません。信託は登記をするか設定後12か月以内に寄託される必要があります、ただし委託者及び受益者の情報は公開されません。財団法人及び信託に関する書類は公開されません。
  • リヒテンシュタインにおいて、裁判は公開されません。これに対し、ジャージー諸島やガンジー諸島などのコモンロー法体系の国々では、公開されます。
  • 資産保護:財団法人は債権者から設立者を限定的ですが保護することもできます。財団法人は「格」があるため、法人として使用することが可能で、大陸法(民法)を採用している国々からの投資に対して「避難所」的な役割を担います。リヒテンシュタイン財団にて絵画や現金などの資産を保有し、一族代々にわたり長く資産運用を行うのに適しています。
  • 財団法人は二重課税防止条約の対象です。これを利用して節税対策を組むことも可能です。
  • 財団法人はCRS報告(共通報告基準)の対象となりえますが、その分類はFI(Financial Institutions)、Passive NFE、Active NFE(例、ホールディング会社)のいづれかに分かれます。例えばホールディング会社と同じ機能を持たせることで財団法人をActive NFEに分類することができれば、その財団はCRS報告の対象になりません。
  • 受益者の権利:リヒテンシュタイン信託が、香港、ニュージーランド、BVI、イギリス、ジャージー、ガンジーなどで設定される信託と異なることの一つに、受益者の権利を委託者が決められることにあります。例えば、受託者の誰がまたは全員が信託の会計書類や受託者とのコミュニケーションにアクセスする権利を有することができるかなどを決めることが可能です。また、受益者の情報は実際に分配が行われるまでは銀行に開示する必要はありません。
  • リヒテンシュタインは、EU(欧州連合)、OECD(経済協力開発機構)、FATF(金融活動作業部会)にてホワイトリスト入りしており、法人税が12.5%であることなどから一般にいう「オフショア」として見られていません。法人税は12.5%ですが、配当や株譲渡によるキャピタルゲインは非課税です。また、信託には法人税は当てはまらず、一律で年間CHF1,800(約20万5千円)の納税となります。財団もまた、一律CHD1,800の納税のみで済む設立の仕方もあります。
  • リヒテンシュタイン信託及び財団法人は債権者からの資産保護の機能が強く、適切な設定をすることによって婚姻資産や相続資産問題の解決策となります。保護が強い理由は、法的保護が信託法によって制定されているのでなく献金規制法によって定められているからであり、これにより債権者の権利は2年で時効となるためです。
  • PTC(プライベート信託会社、受託会社)の利用がリヒテンシュタインにおいては信託及び財団法人の両方において可能
  • 顧客保護のための厳格な規制:リヒテンシュタインにおける信託の設立や運用については、同国における独立した監視機関であるFinancial Market Authority www.fma-li.liの監視下におかれ、信託関連のライセンスやコンプライアンス規制について管理されています。また、裁判所や信託受託者組織(Association of Professional Trustees)、検察庁、金融情報部門(FIU)との協業のもとに管理されております。

ATUについて

Allgemeines Treuunternehmen (ATU) は1929年に創立され、以来、リヒテンシュタインにおいて初めてのそしてもっとも伝統的な信託会社として発展してきました。今では世界の金融都市にオフィスを構えています。スタッフの豊かな経験を活かし、世界各国のお客様の環境や条件に合ったソリューションを提供させていただきます。(住所:Allgemeines Treuunternehmen (ATU)、 Aeulestrasse 5 9490 Vaduz Liechtenstein、 電話:+423 237 34 34、ファックス: +423 237 37 61、メール:office.frick@atu.li、ウェブサイト:www.atu.li

お問い合わせはATUへドイツ語または英語にて直接いただくか、または日本語で弊社ゼットランド社まで intray@zetland.biz


Why Liechtenstein? (Liechtenstein Foundation)

Author: Roger Frick

This article was contributed by ATU (Allgemeines Treuunternehmen), an independent fiduciary service provider in Vaduz, Liechtenstein.

Legal

Liechtenstein is situated in between Switzerland and Austria, in the centre of the Alpine arc. With a total area of 160 square kilometres and population of 38,557, it is the fourth smallest country in Europe. Liechtenstein became 300 years old in 2019. Its political system is very complex and is a ‘constitutional, hereditary monarchy on a democratic and parliamentary basis’. Put simply, the Principality is a semi-constitutional monarchy headed by the reigning Prince.

Liechtenstein is a civil law country. As such, case law does not play as important a role as in Anglo-Saxon jurisdictions, though it does exist. The court system is very efficient. Liechtenstein is a blend of Austrian and Swiss law, though it retains its own specifics in regards to procedure. Furthermore, Liechtenstein is the first and only country in continental Europe to adopt the concept of trusts.

Advantages of Foundations and Trusts in Liechtenstein over Other Jurisdictions

  • Liechtenstein offers both Trusts and Foundations.
  • Flexibility– Foundations and Trusts can be structured to be irrevocable, revocable, discretionary, non-discretionary, grantor or non-grantor.
  • Protection of Privacy – Registration of private foundations is mandatory but identity of the founder or beneficiaries is not disclosed. Trusts will need to be registered or deposited within 12 months of their existence, though registration does not require disclosure of the settlor or beneficiaries. Neither foundation of trust documents are subject to disclosure.
  • Liechtenstein court cases are not public. Contrary to this, cases in countries such as Jersey, Guernsey or other common law countries are open to public inspection.
  • Asset Protection – Foundations provide limiting legal claims against the settlor and are therefore used for asset protection. Foundations provide a ‘safe haven’ for investments from civil law countries and being a legal entity, can be used like a corporation. A Liechtenstein Foundation may be suitable for holding items such as paintings and cash for preservation and long-term family planning.
  • Foundations may make use of double tax treaties with countries such as Singapore, Hong Kong, United Kingdom and Switzerland and are reliable planning tools for holding purposes
  • Foundations may be subject to the common reporting standard (CRS), classified either as a Financial Institution (FI), passive NFE or active NFE (Holding). A Foundation can be easily classified as an active NFE if substantially all of its activities consist of holding, which is exempt from CRS reporting.
  • Greater Beneficiary rights under Liechtenstein Trusts compared to those in Hong Kong, New Zealand, BVI, UK, Guernsey or Jersey. For example the Settlor can decide whether any or all of the beneficiaries have the rights to inspect the Trust’s financial accounts or correspondence. There is also no obligation to disclose beneficiaries to the banks until there is a distribution.
  • Liechtenstein is white-listed under OECD, FATF and the European Union and is not considered offshore as there is a corporate tax of 12.5 % that applies to all profits, though there is no tax on dividends or capital gains on shares, and no such taxation for trusts. Trusts are only subject to a flat tax rate of CHF1‘800. Foundations may (with a limited purpose) also qualify to pay only a flat rate of CHF1'800 per year.
  • Liechtenstein Trusts and Foundations can provide stronger creditor protection and if structured properly, can be flexible on matrimonial and inheritance issues. The reason behind this is that such legal protections are not directly governed by trust law, but by donation law and creditor’s rights expire after 2 years.
  • PTCs (Private Trust Companies) can be used for any Liechtenstein Foundation or Trust.
  • Greater Client Protection – The Trusts environment in Liechtenstein is supervised by the Financial Market Authority (www.fma-li.li), which ensures client protection by monitoring the licensing requirements and the compliance with the licensing conditions as well as by cooperating with various authorities such as the Courts, Association of Professional Trustees, Office of Public Prosecutors and the Financial Intelligence Unit. Clients are also protected through the established Professional Ethics Committee and the Trustees' Arbitrary Committee.

About ATU

Founded in 1929, Allgemeines Treuunternehmen (ATU) is one of Liechtenstein’s first and most traditional trust companies with subsidiaries and offices in various major financial centres. Thanks to our broad range of experience we are familiar with numerous foreign jurisdictions and are able to adjust our proposed solutions to international legal and business situations. Allgemeines Treuunternehmen (ATU) Aeulestrasse 5 9490 Vaduz Liechtenstein T +423 237 34 34, F +423 237 37 61,office.frick@atu.li, www.atu.li

For more information, please feel free to contact Zetland (intray@zetland.biz) or ATU at office.frick@atu.li

Newsletters


Japanese Newsletter - November 2020

Japanese Newsletter - October 2020

ニュースレター January 2020

ニュースレター May 2019 臨時号

ニュースレター April 2019

ニュースレター January 2018

ニュースレター July 2017

ニュースレター April 2017

ニュースレター October 2016

ニュースレター June 2016

ニュースレター April 2016

ニュースレター July 2015

ニュースレター April 2015

ニュースレター February 2015

ニュースレター November 2014

ニュースレター September 2014

ニュースレター June 2014

ニュースレター April 2014

ニュースレター January 2014

ニュースレター November 2013

ニュースレター October 2013

ニュースレター May 2013