海外事業承継のプランニングについて

October, 2020

事業承継計画

多くのビジネスオーナーは「今日」の事業を守ることに集中し、将来に起こる万が一の備えに対する計画を見過ごしてしまうことがあります。その結果、事業が一世代で絶えてしまうこともしばしばみられます。このような失敗は、事業承継に対する計画をどこまで緻密に検討し適格に準備を行ったかまたは行わなかったかに起因しています。失敗を避けるにはまず遺言を残すことから始めましょう。

個人事業主

個人事業主が亡くなった場合の事業の売買には様々な問題が付きまといます。個人事業主が亡くなった場合、相続資産執行人は「期限付き」の権限しか通常与えられず、そのため事業を売却しなければならない猶予期間が狭く限られてしまいます。短期間に良い条件で売却できるとも限りません。解決方法としては遺言を残し、その中に執行人にある程度の法人管理権利を無期限またはある程度長い期間で与え、条件の悪い売却を避けることも可能です。

パートナーシップ

2名以上から構成されるパートナーシップという事業形態ですが、例えば2名で構築されているパートナーシップにおいて、パートナーのどちらかが亡くなることにより、特別な手配を行っていない限りはパートナーシップは解散されます。よってお互いの生前中に適切な法的アドバイスを受けて万が一に備えることが大切です。パートナーシップの設定の際、パートナーシップ契約書にいづれかのパートナーにに万が一のことがあった場合の対処を定めます。例えば、残りのパートナーが亡くなったパートナーの持ち分を引き継ぐなどを定めておくことが可能です。

有限会社

非公開会社の株主が亡くなっても事業はそのまま継続されますが、主要株主が亡くなった場合は様々な問題が発生します。事業の継続は後継者にゆだねられます。亡くなった株主の株式は相続執行人の管理下に置かれます。執行人は、会社の定款や株主契約書などに、株優先引受権(亡くなった株主の株式を、残りの株主が買い取る仕組み)などの取り決めがあるかを確認します。株主の死亡時には会社に届けを出す必要があり、それにより会社は株主名簿を書き換え、新たな株券の発行手配などの手配に移ります。

自社株のオーナーが亡くなった場合において、会社の受益権が故人が望んでいた受益者にきちんと渡るようにするには、事業継続が引き続き問題なく行われるよう生前中に遺言を残すことが必要です。

ケーススタディー(何が問題だったのか?)

ある香港法人の唯一のオーナーであり取締役である人物が亡くなりました。会社は35人の従業員を残し、オーナーの死後は事実上オペレーションが不可能となってしまいました。亡くなったオーナー以外に銀行口座を動かせるものがいなく、従業員への給与やサプライヤーへの支払いが滞り、それが事業に支障をきたしはじめ最終的には大きな損出が出ました。オーナー亡き後の経営実権を握る取締役をあらかじめ決めておくことで、こうした事態は避けられたでしょう。銀行口座を動かせるサイナーの手配も、生前にきちんと定めておくべきでした。

(海外には印鑑制度がありません。法人銀行口座は日本のように通帳と印鑑があればだれでも動かせるものではなく、サイナー(署名者)と呼ばれる単独または複数の個人の署名によってのみ動かすことが可能です)

株主保護保険

株主が複数いる場合において、ある株主が亡くなった場合、残りの株主を保護する生命保険の形をとる株主保護保険があります。これは、亡くなった株主の株式を残りの株主が買収できるよう保険金が下りる制度です。それにより、亡くなった株主の遺族が法人承継問題に巻き込まれることを防ぐことが可能です。

クロス・オプション契約

上記のような生命保険を株主保護に使う場合において、通常はクロス・オプション契約も同時に締結されます。これにより先に取引される株式時価評価のルールを設け、株主間及びその配偶者の間で合意を先にとることを可能とします。

本記事は香港を拠点とする遺言専門代理店であるProfessional Wills Limitedより寄稿されました。詳しくは直接英語にてProfessional Wills Limited(メールenquiry@profwills.comにお問い合わせをいただくか、または日本語で弊社ゼットランド intray@zetland.bizまで。

事業承継問題の解決として、遺言の他に信託を使うことも可能です。弊社では香港やニュージーランド、その他の国で信託設定サービスを提供しております。信託については弊社で発行している他のニュースレター記事も合わせてご参考ください。


Business Succession Planning

Business Succession Planning

Many business owners are often focused on 'today' often neglect planning for the future, and in particular to a future in which they will not play a part. As a result many businesses do not survive beyond the first generation of owners. A proportion of these failures can be directly attributed to inadequate succession planning. A Will gives you the opportunity to ensure that the success of your company continues even in your absence.

Sole Traders

Businesses run by sole traders must be sold as a going concern by the people who administer your estate. Your Executors are usually only granted a 'reasonable period' in which to dispose of your business and it is possible that having to sell in this restricted time period is not in the best interests of your dependents. You should have a Will drawn up appointing responsible Executors and give them an express power to continue the business for however long as necessary. This will avoid a forced sale.

Partnerships

The death of a partner usually dissolves the partnership unless otherwise agreed. It is critical therefore to ensure that you plan ahead and take appropriate legal advice during your lifetime. A partnership agreement should be drawn up to provide for the business to continue after the death of one of the partners, often with an option for the surviving partners to buy the deceased's share.

Limited Companies

If you own shares in a private limited company, the business will automatically continue after your death. However, there may be real difficulties if a major shareholder dies. The business's survival will depend on who manages the company. Shares held in your name are vested in your executor. Your Executors will need to consider whether the company's articles of association or any shareholders' agreements provide any pre-emption rights – the option for existing shareholders to bought out the deceased’s share. The company will need to be informed so that the alterations to the register of members may be made and new certificates issued.

The best way to ensure your beneficiaries receive their entitlement is to see to the proper management of the business immediately after your death and the only way to ensure this is to plan ahead and make a Will. It brings great peace of mind in knowing that the business you have created and worked so hard to maintain will continue and grow, long after you're gone!

Case Study – What can go wrong?

A client passed away who was the sole shareholder and sole director of a Hong Kong limited company. The business employed 35 staff and after the owner died it was effectively unable to operate. No one could pay the staff or the suppliers, none of the management team were authorized to access the company bank account and so business slowed to a point where the company suffered huge losses. With correct planning a reserve director could have been appointed who would have been able to continue the day to day running of the business along with the correct authorization for the company bank account.

Key Man Insurance

When there are a number of shareholders in a company having life insurance in place in order to buy out the deceased’s shares is often a worthwhile policy. This avoids the problem of a surviving family member becoming involved in the business which can lead to disputes and disruptions.

Cross Option Agreements

Where there are insurance policies in place is it usually recommended to have this supported by a cross option agreement. This often will stipulate a mechanism in order to value the business and also confirms the agreement between the various shareholders and often their spouses in terms of the succession plan for the business.

This article was contributed by Professional Wills Limited. For more information, please feel free to contact Professional Wills Ltd at enquiry@profwills.com/ +852 2561 9031 or Zetland at intray@zetland.biz/ +852 3552 9085.

Newsletters


Japanese Newsletter - November 2020

Japanese Newsletter - October 2020

ニュースレター January 2020

ニュースレター May 2019 臨時号

ニュースレター April 2019

ニュースレター January 2018

ニュースレター July 2017

ニュースレター April 2017

ニュースレター October 2016

ニュースレター June 2016

ニュースレター April 2016

ニュースレター July 2015

ニュースレター April 2015

ニュースレター February 2015

ニュースレター November 2014

ニュースレター September 2014

ニュースレター June 2014

ニュースレター April 2014

ニュースレター January 2014

ニュースレター November 2013

ニュースレター October 2013

ニュースレター May 2013