ニュージーランド信託法2019年版

寄稿者:Tetyana Ashurova、ゼットラド香港本社、信託担当(2020年9月)

ニュージーランドにて新しく制定された「ニュージーランド信託法2019年版」は、2021年1月30日に施行されることになり、70年ぶりの信託法の改訂となります。新しい信託法は施行以前にニュージーランドで設立されたすべての信託にも適用されます。新信託法は、現在ある受託者法1956年(Trustee Act 1956)と永久拘束法1964年(Perpetuities Act 1964)の入れ替えになります。

今回の改訂の主なポイントは受託者の強制義務とデフォルト義務の設定や、受益者への情報開示、そして受託者の免責部分などになります。

よく信託は法人や財団のように「格(Entity)」があるとみられがちですが、信託に格はなく、信託は法的関係を示す契約のようなものです。それは、委託者(Settlor)が受託者(Trustee)へ資産を受益者(Beneficiary)のためにまたは特定の目的達成のために預けるという法的関係を指します。受託者は法によってその権限と義務が定められており、法に準拠しながら資産の運用や処分を行います。

新らしい信託法ではこうした受託者の義務を「強制義務」と「デフォルト」の二つに分けています。強制義務は信託設定書(Trust Deed)にて変更や改訂解釈ができない義務を指し、デフォルトはある程度の変更や改訂、そして削除できる義務を指します。

受託者の強制義務として、受託者が信託設定条件をよく理解し、その設定条件のもとに受託者は行動を取ること、受託者は正直で且つ誠意を示すこと、受託者は受益者または特定の目的の利得(メリット)のために行動を起こすこと、そして適切な目的のためにその権限を発揮すること、があります。

受託者のデフォルト義務も信託法に準拠した設定が必要です。信託設定書を作成する場合において、設定書に受託者の義務の変更や訂正や項目の削除を行う場合は、必ず委託者にその趣旨を理解してもらうよう努める必要があります。

もう一つ新しい信託法において重要な点は、受益者から信託に対する開示依頼があった場合において、受託者はその依頼に応じ基本的な以下の信託情報を開示しなければならないことです。

  • 開示要求をしてきた受益者が、当該信託の受益者である事実の開示
  • 受託者の名前と連絡先
  • 受託者の任命歴、変更歴など(ある場合において)
  • 信託設定書のコピーや信託情報について

ただし、開示要求があったからといって何の考慮もなく開示してしまうのではなく、受託者は受益者が有する受益の性質、委託者の希望や意思、受益者の年齢や置かれている環境や状況、家族関係(特に負の部分)についてなどを考慮した上で開示をするか否かの判断を行う必要があります。開示しないことが道理にかなうと受託者が判断した場合には、開示要求を断ることも可能です。

また、信託法では受託者の責任に対するリミットを設けることも可能です。受託者への免責は、広範囲にわたるものであってはならず、不正や故意の違法行為や重大な過失に対する免責であってはなりません。こうした規定を破る免責は無効となります。しかし、過失に対して法的に受託者への免責を設けることも可能で、信託設定書にて適切な免責事項内容が組まれていることが必要となります。

その他、新しい信託法における重要な改訂ポイントは以下の通りです;

  • 信託期間が今までの最高で80年から最高で125年に変更
  • 受託者の変更において裁判所での手続きが必ずしも必要となくなった
  • 受託者の権限を代理実行するにあたり、代理やノミニーの受託者による任命が可能となった
  • 受益者一致の同意により、信託の清算が可能となった
  • 信託関連の重要書類に対する管理要綱の制定
  • 信託で起こる争いに対する解決方法の制定

新しい信託法により信託がより一層使いやすく、受益者の立場を強め、受託者の責任を強化することになります。

ニュージーランドにて既に信託を設定された方には、設定された信託が新らしい信託法に準拠しているか見直す必要もあります。ゼットランドではニュージーランドと香港にて受託者ライセンスを持ち、ニュージーランド信託や香港信託の設定や受託者サービスを行っております。お問い合わせは日本語で intray@zetland.biz まで。


The New Zealand Trusts Act 2019 that will come into force on 30 January 2021 is the first major trust law reform in almost 70 years and applies to all express trusts that are governed by New Zealand law, including those created before the commencement of the Trust Act. The Act makes important changes to trust law in New Zealand and replaces the Trustee Act 1956 and the Perpetuities Act 1964.

The key changes include the mandatory and default trustee duties, active duties to provide trust information to beneficiaries and restrictions to trustee exculpation clauses.

It is often perceived that a trust is an entity. Nevertheless, a trust is a legal relationship created by a person, the settlor, when assets have been placed under the control of a trustee for the benefit of a beneficiary or specified purpose. The trustee has powers and duties, in respect which he is accountable, to manage, employ or dispose of the assets in accordance of the terms of the trust and special duties imposed upon him by law.

The Trust Act lists the core trustee duties with further classifying them into ‘mandatory” or “default”. The mandatory duties must be performed by the trustee and may not be modified or excluded by the terms of the trust whereas default duties may be modified or excluded within defined parameters.

According to the mandatory duties a trustee must know the terms of the trust; act in accordance with the terms of the trust; act honestly and in good faith; act for the benefit of the beneficiaries or permitted purpose of the trust; and exercise powers for a proper purpose.

The default duties are those duties that are established as a matter of trust law. Under the statutory duty imposed by the Trusts Act the person advising on the drafting of the terms of the trust deed must ensure the settlor understands the meaning and effect of any exclusion or modification of any default duties.

Another important key provision in The Trusts Act is that the Trustee must make basic information available to every beneficiary and to beneficiaries who request it, which is:

  • the fact that a person is a beneficiary of the trust;
  • the name and contact details of the trustees;
  • the occurrence of, and details of, each appointment, removal, and retirement of a trustee as it occurs; and
  • the right of the beneficiary to request a copy of the terms of the trust or trust information.

However, before making the information available, the Trustee must consider a range of factors listed in the legislation such as the nature of the beneficial interest, the expectations of the settlor, age and circumstances of beneficiaries, damage of relationships within the family, etc. The Trustee may withhold the requested information if he reasonably considers that the information should not be disclosed.

The Trust Act outlines the extent to which Trustee may limit their liability. Care must be taken to ensure that the exemption from liability is not too wide and that the trust deed does not exclude liability for any breach arising from dishonesty, wilful misconduct or gross negligence. If the Trustee purports to exclude liability or seek an indemnity in breach of these provisions, the clause would be ineffective and struck down as void. Yet, the trust instrument may still lawfully seek to release the Trustee from liability causing loss to the trust arising from negligence, provided it is covered by an appropriately drafted exculpation clause.

Other important changes to the law include:

  • An extension of the maximum duration period of a trust from 80 years to 125 years. It may be expected that clients would seek to extend the length of the trust period so as to continue the asset-protection benefits of the trust for longer;
  • The statutory powers for appointment and removal of trustees have been modernised and broadened to minimise the need for application to the court;
  • Statutory powers for trustees to appoint delegates and nominees to exercise certain trustee powers;
  • Termination of trust by unanimous consent of beneficiaries;
  • The requirement to keep core trust documents;
  • The introduction of mechanisms to resolve trust disputes.

It can be seen that the objective of the changes in the Trust Act 2019 is to make the trust law more accessible to the public, strengthen the position of beneficiaries and hold trustees accountable.

It is time to ensure that the both existing and newly established trusts will meet the requirements of the new Trusts Act. For further information about how the Trusts Act 2019 may impact you, please contact our specialist, Private Client Team, at intray@zetland.biz.

Newsletters


Japanese Newsletter - November 2020

Japanese Newsletter - October 2020

ニュースレター January 2020

ニュースレター May 2019 臨時号

ニュースレター April 2019

ニュースレター January 2018

ニュースレター July 2017

ニュースレター April 2017

ニュースレター October 2016

ニュースレター June 2016

ニュースレター April 2016

ニュースレター July 2015

ニュースレター April 2015

ニュースレター February 2015

ニュースレター November 2014

ニュースレター September 2014

ニュースレター June 2014

ニュースレター April 2014

ニュースレター January 2014

ニュースレター November 2013

ニュースレター October 2013

ニュースレター May 2013