オフショア法人における経済実態要求(Economic Substance Requirement)と欧州連合(EU)のブラックリストの更新について

October, 2020

(内容は、英語原文の記事が書かれた2020年4月時点のものです)

経済実態要求(Economic Substance Requirement

欧州連合(EU)やその他の国際機関は「税的中立国」に対して従来より様々な新しいポリシーを課してきましたが、2018年に発表された欧州連合の政府間組織による「事業課税に関する行動規範チーム(Code of Conduct team)」の報告を受けて、イギリス領バージン諸島(BVI)、バミューダ諸島、バルバトス、マン島、ガンジー島、ジャージー島の非課税国または低税国とされる国々では、欧州連合(EU)によるブラックリストに載るのを避けるため、2018年末に経済実態要求の施行に踏み切りました。経済実態要求にて定めるルールは、OECD(経済協力機構)が定めた移転価格問題(BEPS)に沿って作られています。

ルール詳細は現時点で検討されているさなかですが、最終的には欧州連合(EU)の期待に沿う形で完成する予定です。

では経済実態要求とは何か、またオフショア法人をお持ちの方は何に注意すればよいのでしょうか?

経済実態要求に関する法律における「実態(Substance)」の定義は事業の種類、法人管理(マネージメント)の実情、支配権、会社のオペレーション、オフィスの所在、そして経営判断方法まで多岐にわたります。また、どこまで実態が要求されるのかというのは事業によって異なり、オフショア法人が単なる持ち株会社である場合は要求される実態は厳しくなく、法人登記国に登記代理店を持つだけで実態要求がほぼクリアーできます。

一方で、IP(知的財産)事業に関しては厳しい実態要求が課せられます。知的財産の開発、使用、維持管理、保護などに対して登記国現地にオフィスを構え必要な人数を現地で雇用し、必要な有資格者を現地で揃えることが要求されます。オフショアの一つであるベリーズでは、さらに一歩進んで、現地におけるIP事業法人の設立自体を禁止しました。

したがって、オフショアにて設立された法人においては実態要求に該当する事業を行っているか否かをまず確認し、該当している場合にはどのような実態が要求されるかを的確に判定することが必要になります。

実態要求に当てはまる法人も当てはまらない法人も、いづれにしろ当てはまるか否かの報告(実態要求の報告)を現地に行う必要があり、これを怠ると罰則が発生します。

ゼットランドでは実態要求に関するサポートをしております。オフショア法人をお持ちの方は日本語で intray@zetland.biz までお問い合わせください。

欧州連合(EU)のブラックリスト

そして、2020年2月18日には、欧州連合は新たな国々を「税務面で非協力的な国・地域リスト(通称「ブラックリスト」)に追加しました。

ケイマン諸島、パラオ、セーシェルはグレイリストからブラックリスト入りし、パナマは新しくブラックリストに加えられました。

また、アルメニア、アンティグア・バーブーダ、バハマ、ベリーズ、イギリス領バージン諸島(BVI)、カーボベルデ、クック諸島、マーシャル諸島、モンテネグロ、セントクリストファーネイビス、ベトナムはブラックリストから外されました。

現在、欧州連合(EU)のブラックリストに載っているのは以下の国々です;

  1. アメリカ領サモア
  2. ケイマン諸島
  3. フィージー
  4. グアム諸島
  5. オマーン
  6. パラオ
  7. パナマ
  8. サモア
  9. トリニダード・トバコ
  10. アメリカ領バージン諸島
  11. バヌアツ
  12. セーシェル

ケイマン諸島に設立されるオフショア法人は投資ビークルとして利用されることが多いですが、欧州連合(EU)の見解によると、その投資ビークルとしてのケイマン法人に対する同国内の経済実態要求対応が適切でないと判断されました。

2020年10月8日更新情報によると、ケイマン諸島はブラックリストから外されました

パラオは税務目的の自動情報交換(AEOI)に加盟しておらず、またOCEDにおける多国間税務行政執行共助条約(OECD Multilateral Convention on Mutual Administrative Assistance)にも署名しておらず、現時点で問題解決に至っていません。

パナマは、税の透明性及び税務目的の情報交換(Transparency and Exchange of Information for Tax Purposes on Request)に関するグローバル・フォーラムにおいて規約を守っておらず、現時点で問題解決に至っていません。

セーシェルにおいては有害税制(harmful preferential tax)政策を取っており、現時点で問題解決に至っていません。

ゼットランドではオフショア法人の設立から管理、コンプライアンスに至るサービスを幅広く行っております。オフショア法人の経済実態要求に対する詳しいガイドラインについては以前のニュースレターでも取り上げていますため、そちらも合わせてご参考ください。

お問い合わせは日本語で intray@zetland.biz まで。


Economic Substance and EU Blacklist Update

EU efforts and the work of international bodies targeting tax neutral jurisdictions are not a new policy. Following the EU’s inter-governmental Code of Conduct Group (Business Taxation) report in 2018, no or nominal tax jurisdictions including the Cayman Islands, the British Virgin Islands (BVI), Bermuda, Barbados, the Isle of Man, Guernsey and Jersey quickly introduced economic substance legislation late 2018 to avoid being blacklisted by the EU. The laws introduced sought to follow the recommendations set out by the OECD in its BEPS documentation. While they were still being reviewed by the EU, a number of amendment bills were pushed out to meet EU expectations.

What is economic substance and do I need to be concerned having an offshore company?

In the context of economic substance legislation, “substance” is a broad term that embraces various areas of a business, including management, control, operations, physical presence and decision-making procedures. The economic substance required varies for different types of relevant activities. Relaxed requirements apply to pure equity holding companies. The registered agent and office services may be already sufficient to satisfy the economic substance test. At the other end, stringent requirements apply to high risk IP business. A high degree of control over the development, exploitation, maintenance, protection and enhancement of the IP should be exercised in the jurisdiction by an adequate number of staff with suitable qualifications. Belize goes one step further and prohibits IBC’s from holding IP assets altogether.

It is thus crucial for entities incorporated in relevant jurisdictions to assess whether they are carrying out activities subject to economic substance requirements and what substance is required.

Regardless whether a company is caught by the new laws or can operate outside the scope of the requirements, directors of entities must demonstrate that they have considered the legislation by reporting that the company is either in or out of.

At Zetland we offer assistance to review the activities and advise on reporting requirements. Contact us for more information at intray@zetland.biz

On 18 February 2020 the Council of the European Union added four new jurisdictions to the List of non-cooperative jurisdictions (“The EU blacklist”).

Cayman Islands, Palau and Seychelles were moved from the grey list to the black list. Panama was added to the black list.

The Council completely delisted Armenia, Antigua and Barbuda, Bahamas, Bermuda, Belize, British Virgin Islands, Cabo Verde, Cook Islands, Marshall Islands, Montenegro, St Kitts and Nevis, Vietnam.

The EU blacklist now consists of:

  1. American Samoa
  2. Cayman Islands
  3. Fiji
  4. Guam
  5. Oman
  6. Palau
  7. Panama
  8. Samoa
  9. Trinidad and Tobago
  10. US Virgin Islands
  11. Vanuatu
  12. Seychelles

According to the Council of the European Union, the Cayman Islands do not have appropriate measures in place relating to economic substance in the area of collective investment vehicles.

(As of today, on 8th of Oct, 2020 Cayman was removed from the blacklist)

Palau does not apply any automatic exchange of financial information, has not signed the OECD Multilateral Convention on Mutual Administrative Assistance as amended, and has not resolved these issues yet.

Panama does not have a rating of at least “Largely Compliant” by the Global Forum on Transparency and Exchange of Information for Tax Purposes on Request and has not resolved this issue yet.

Seychelles has harmful preferential tax regimes and has not resolved these issues yet. For more information, please feel free to contact us via email intray@zetland.biz or call us at +852 3552 9085

Newsletters


Japanese Newsletter - November 2020

Japanese Newsletter - October 2020

ニュースレター January 2020

ニュースレター May 2019 臨時号

ニュースレター April 2019

ニュースレター January 2018

ニュースレター July 2017

ニュースレター April 2017

ニュースレター October 2016

ニュースレター June 2016

ニュースレター April 2016

ニュースレター July 2015

ニュースレター April 2015

ニュースレター February 2015

ニュースレター November 2014

ニュースレター September 2014

ニュースレター June 2014

ニュースレター April 2014

ニュースレター January 2014

ニュースレター November 2013

ニュースレター October 2013

ニュースレター May 2013